とくネタトップ » 料理・グルメ » 料理・レシピ » レシピ
通報する

Rayの元気が出る肉じゃが

  • 13-08-18 23:13
  • 総合ランキング:680位
  • 役に立った:0
  • コメント:0
Nikujaga
Nikujaga, a photo by bananagranola (busy) on Flickr.

〔追記 2013年8月18日日曜日〕

肉を食べるのはひと月に2~3回になったが、今日は血を作り、良質のたんぱく質がほしくて2ヶ月ぶりくらいに肉じゃがにした。具は、ぶなしめじ、えのきだけ、玉ねぎ、タスマニアビーフ(131g)、あやうくじゃがいも入れるの忘れるところだった

自家製紅しょうがと一緒に食べたら、吉野家の牛丼と同じ味がした(紅しょうがは梅干を作った副産物の赤紫蘇梅酢に新生姜を漬けておくだけでできる)。

食べ慣れると白米より遥かに味わい深く栄養価が高い玄米、毎日食べてるけど、こういう味の濃いおかずには白米が合う。3合精米して、1合ちょっと炊いて食べた(お茶碗2杯)。

味噌汁はまずだしをとる。いりこだしパック、本物のいりこ(3尾)、厚切りかつお節、刻み昆布、ぶなしめじ、えのきだけ。味噌は4種類を合わせた。 → Rayの元気が出るお味噌汁参照

日本料理、最強 追記 2013年6月1日土曜日〕

今日の献立は「Rayの元気が出る肉じゃが」。美味しかった

〔材料〕

1. タスマニアビーフ
2. じゃがいも(男爵芋。メークィーンは苦手)
3. たまねぎ
4. ピーマン(緑と赤)
5. しいたけ
6. にんじん
7. 純米本みりん
8. にほんいち醤油
9. はちみつ

〔作り方〕

1~6を食べやすい大きさに切って、うどんのどんぶりに入れる。
7~9を適当に振りかけて、ラップして電子レンジで5分。
一度、ラップをはずし、中をちょちょいとかき混ぜ、あと3分。
余熱が取れるまでそのままにして味をしみこませる。
ご飯が炊き上がる3分ほど前にもう一度レンジで温めて出来上がり。

〔ポイント〕

1. タスマニアビーフ

(1)成長ホルモン剤、不使用。
(2)抗生物質、不使用。
(3)肉骨粉(25年以上前から)、不使用。
(4)遺伝子組み換え飼料、不使用。

2. 純米本みりん

3. にほんいち醤油

0

アメブロ以外は下記のタグをご利用ください。

ブックマークに登録する

役に立ったコメント(0)

»コメントを書く

 

とくネタ投稿者データ


レベル138
読者登録(6)

料理・グルメランキング

すべてを見る

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る