とくネタトップ » 知識・教養・学問 » 知識・学問 » 哲学・宗教
通報する

希望もなく、人生に飽き飽きしたら

  • 15-04-16 07:54
  • 総合ランキング:集計中
  • 役に立った:0
  • コメント:0
Numbers 21:8. Can you imagine how hard it would have been NOT to look? Healed by a curious glance.
Numbers 21:4-9 & John 3:14-16

4 (彼らはホル山を旅立ち、紅海の道を進んでエドムの地を迂回しようとした。)
     しかし、民は途中で我慢ができなくなり、
5   神とモーセに逆らって言った、「なぜあなたは、わたしたちをエジプトから導き出したのです
     か。わたしたちはこの荒れ野で死ぬのです。パンも水もなく、わたしたちはこの粗末な食物に
     飽き飽きしました」。

6   そこで主は、民のうちに火の蛇を送られた。蛇は民を咬み、こうして、イスラエルの多くの者
     が死んだ。

7   民はモーセの所に来て言った、「私たちは主とあなたを非難し、罪を犯しました。わたしたち
     から蛇を取り去るように主に祈ってください」。そこでモーセは民のために祈った。
8   主はモーセに告げられた、「火の蛇を造り、それを旗竿の上に掛けよ。咬まれた者はみな、
     それを仰ぎ見れば、生きる」。
9   モーセは青銅の蛇を造り、それを旗竿の上に掛けた。蛇に咬まれた者は誰でも、その青銅の蛇
     を仰ぎ見ると生きた。

民数記 21章4-9節

「途中で我慢ができなくなり」(4節)
「神とモーセに逆らって言った」(5節)
「わたしたちはこの荒れ野で死ぬのです」(5節)
「パンも水もなく」(5節)
「この粗末な食物に飽き飽きしました」(5節)

「荒れ野」をぐるぐる回ってるような人生、上にいて自分を導く人が信じられず希望を見出せない人生、貧しさに押しつぶされそうな人生、毎日が同じもので飽き飽きする人生、神に選ばれた民(イスラエル)がそういう苦難を経験したのは、世界中で同じような苦しみに耐えている人のためだった。宗教も慣習も違う日本人にもそういう気持ちがわかる。

ぼくも今日の朝ごはんがまずすぎて「この粗末な食物に飽き飽きしました」と言いたくなった。旬のたけのこを買ってきて味噌汁の具にしたり、たけのこご飯にしたりしているが、今朝のたけのこ玄米ごはんは失敗した。この炊飯器はすごくおいしく炊けるときと今日みたいに水っぽくなるときと差が激しい。まぁ、それはいいとして、人生に希望が持てなくなったり、飽き飽きしたり、我慢ができなくなったり、そういう状況に置かれたとき、その解決策は、実はその問題(原因)にあるということがこの教えだ。

毒蛇に咬まれたら、その蛇(あるいは同じ種)から作られた抗毒血清で治療するように、癒しの道はその問題の「血清」が必要。逃げたり、逆らったりすると逆効果である場合がある、ということかな。例えば、失恋を癒す最も良い方法は新しい恋を見つけること。たけのこごはん失敗したら・・・、水の量減らしてもう一回やってみよう。

不平不満、沢山あるし、ぼくも「荒れ野」をさまよってるような感じだけど、イスラエルの失敗から学ばないと同じ運命(悲しい死)に陥ってしまう。

視点を変えること。同じ問題を違う角度から見ること。第一、その問題がやってきたのは自分の中にそれを引き起こす要因があるから。

民はモーセの所に来て言った、「私たちは主とあなたを非難し、罪を犯しました。わたしたちから蛇を取り去るように主に祈ってください」。そこでモーセは民のために祈った。(7節)

力ある人(指導者)に助けを求めることは良いことだ。自分の非を認めることは良いこと。その人の「祈り」は具体的な解決策につながる。

最近、193,759km走った愛車を手放すことで凄く悩んでいたけど、父が乗っていた車を譲ってくれることになった(求められてはいなかったけど、ちょこっとお金は払った)。車検が切れるぎりぎりの期日でそういう話になって、結果的にとても良かった。父との関係もそれによって少し回復した。親子というのはなかなか難しいことがあるけど、自分ひとりで背負っていた問題がすっと解決したのには驚きだ。

問題にその問題を解決する鍵がある。は~、でも沢山あるなぁ・・・。次は何が解決されるかなぁ

ここからは『聖書で英語の勉強(上級者向け)』

上の物語の英語版(NIV ← 音声あり):

4   (They traveled from Mount Hor along the route to the Red Sea, to go around Edom.)
     But the people grew impatient on the way;
5   they spoke against God and against Moses, and said, “Why have you brought us up
     out of Egypt to die in the wilderness? There is no bread! There is no water! And we
     detest this miserable food!”

6   Then the Lord sent venomous snakes among them; they bit the people and many
     Israelites died.

7   The people came to Moses and said, “We sinned when we spoke against the Lord and
     against you. Pray that the Lord will take the snakes away from us.” So Moses prayed
     for the people.

8   The Lord said to Moses, “Make a snake and put it up on a pole; anyone who is bitten
     can look at it and live.”
9   So Moses made a bronze snake and put it up on a pole. Then when anyone was bitten
     by a snake and looked at the bronze snake, they lived.

grow impatient 我慢が出来なくなる
      別の翻訳(NAB)では people's patience was worn out (by the journey) とある。

I'm growing impatient. = my patience is wearing out. 我慢できなくなってきた。

同じもの(しかも「粗末な食べ物」)ばかり食べていたら「我慢できなくなる」のは自然なことのように思える。特に以前プチリッチな(エジプト)生活をしていた人にはそのギャップがこたえる。慣れ親しんだ食べ物(パンと水)さえ断ち、「死」の恐怖が襲い掛かってくる日々。「希望」が見出せない毎日がつづくと、不平不満が口から出てくる(complain)のも不思議ではない。

何故、神はそれを戒めたのか。

それには奥深い神秘があった。

つづく

0

アメブロ以外は下記のタグをご利用ください。

ブックマークに登録する

役に立ったコメント(0)

»コメントを書く

 

とくネタ投稿者データ


レベル143
読者登録(6)

知識・教養・学問ランキング

すべてを見る

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る