とくネタトップ » 知識・教養・学問 » 知識・学問 » 哲学・宗教
通報する

カトリックの十字架に対する誤解

  • 15-08-11 08:55
  • 総合ランキング:813位
  • 役に立った:0
  • コメント:0
The Crucifix and Calvary (#109)
a photo by Christopher Chan

「カトリックの教会に行くと十字架の上にキリストがはりつけになっています。あれ見ると心がなんか沈んでいくね。イエス様まだ死んだままだ。イエス様はあそこにいないの。今よみがえって生きているの。」

中川健一牧師
ローマ人への手紙(7) ―テーマ(1)―
23:38-23:53

この発言は、カトリックを誤解(理解していない)ことからくる。彼の言い方(語気)から、残念だが、さげすみ(プロテスタントが正しくカトリックはまちがいという心情)も感じられるから、おそらくちょっと有名になった牧師としての傲慢も含まれている。とても良いメッセージを語っているだけに、とても残念。

僕自身以前はそうだったから彼が悪い人だとかいうことではなく、まだ気づいていないだけ。おそらくマリア様のことも誤解している(理解できていない)だろう。

プロテスタントの人が(特に牧師という指導的立場にある人が)そういうことを言って回るのは2つの危険がともなう。1つは論理的にまったくおかしいということに気づいていない自分の未熟さを触れ回るという権威失墜の危険。もうひとつは牧会的に(牧者として人々を導き慰める仕事において)余計な葛藤をそれを聴き従う人(フォロアー)たちに与えてしまうことだ。

結論から言うと、その考え方は "either/or" の思考からくる。そしてこの "either/or"(AかBかどちらかが正しく、どちらかが間違っている)という考え方は「二元論」(dualism)に通じていて、様々な問題(仏教的に言うと「煩悩」)を生む。

性善説か性悪説かなどで争うのもそう。

そのレベルから解脱できない限り、人は延々と葛藤する。

The truth will set you free.(John 8:32)
真理はあなたを自由にする。

でも、クリスチャンであれば、イエスが100%人であり100%神であるということを理解できるのだから、either/orではなくboth/andの思考ができる素地を持っている。

中川健一牧師の誤解に戻ると、十字架にはりつけになっているイエス様の像(クルシフィクス)が間違いでイエス様がいない十字架(クロス)が正しいというeither/or思考になってしまっているからそういう発言(語気)になってしまう。

both/andの思考はどちらも正しい、と考えられるおおらかな姿勢を与えてくれる。そんなことでプロテスタントとカトリックが反感感情を持つ必要などないことを教えてくれる。
Pastor Todd on Cross vs Crucifix

歴史を通じて十字架にかかったイエス様を描いた絵は数知れず、映画などでも何度も何度も十字架にはりつけられるイエス様の姿が描かれ続けている。復活したのは事実でそれを信じていないカトリック信者はいない。しかし、十字架にはりつけになったイエス様をつねに思い、述べ伝えようと具体的な形として教会にもそれを置いている。中川牧師が教えるパウロの言葉を借りると:

わたしたちは、十字架につけられたキリストを宣べ伝えています。すなわち、ユダヤ人にはつまずかせるもの、異邦人には愚かなものですが、(1 Corinthians 1:23)

となる。まだそれをさげすむような語気で話してしまうとしたら、パウロに「異邦人」と言われてしまうかもしれない。
Why Have a Crucifix?

カトリックはカトリックでこういうことを言うからプロテスタントは・・・などとさげすんだりしてはいけない。中川牧師のように素晴らしいメッセージを語る人はとても貴重な先生だ。彼のために祈り、応援しないと。応援してます、中川先生!
***追記2015年8月10日月曜日************************************************
(p.s. 1つ聞いたあとにはそう思ったけど、45まで聞いて思ったことはいかにディスペンセーション神学とそれに影響された終末論が間違っているか、そしてそれに気づかず、これらのメッセージに感動すらしてしまっているクリスチャンの人たち〔アンケートのコメントをメッセージの中で読むが、コマーシャルのように聞こえる〕、間違った教えを堂々と広めていること、日本のキリスト教伝道に危機感を覚える。これは応援ではなくて、逆に警告しないといけない、と思うようになった。)

つづく
(↑ 追記があまりにも長くなってしまったので「終末論について」というタイトルで別記事を書きます。)

0

アメブロ以外は下記のタグをご利用ください。

ブックマークに登録する

役に立ったコメント(0)

»コメントを書く

 

とくネタ投稿者データ


レベル136
読者登録(6)

知識・教養・学問ランキング

すべてを見る

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る