とくネタトップ » 地域情報・旅行 » 国内 » 観光地・名所
通報する

天空の城こと竹田城址(竹田城跡)の絶景 撮影スポット

  • 14-10-30 21:30
  • 総合ランキング:152位
  • 役に立った:4
  • コメント:1
但馬・竹田城跡、竹田城は、別名を虎臥城(とらふすじょう、こがじょう)とも呼ばれています。

しばしば円山川の川霧により霞むことから、天空の城の異名をもつ。雲海に浮かび上がる古城の累々たる石垣群の威容は、名物ともなっています。

これから秋が深まるにつれて、雲海が発生しやすくなりますから、前日の日中から翌朝の早朝の気温が、著しく下がって冷え込んだ日が、撮影には最適なコンデションとなります。

そして撮影時には快晴であれば、文句のつけようなし。あとは撮影場所とカメラの腕次第です。



まず、雲海に包まれた但馬・竹田城址(竹田城跡)の古城山の山上の主郭から、撮影できるアングルです。





その他にも、藤和峠から眺望する雲海も、素晴らしい絶景のアングルで下の画像です。




その他にも、大路山の頂上からも、迫力のある雲海の写真が撮れます。
ただし、大路山は登山道が未整備のため初心者の方は、前もって明るい時に下見をしてから、撮影にお出かけください。





こちらは、金梨山頂上の近くの金梨山大権現の石祠からのベストショットです。
ただこの日は雲海ではなく、春霞に包まれた花ぐもりで、但馬・竹田城跡には桜が咲き誇っています。
金梨山も登山道が未整備のため、初めての方は事前に下見をしてからお越しください。





そして、朝来山の中腹の立雲峡がもっとも有名で、一番のおすすめの撮影場所です。
下記の画像のアングルで、だれでもお気に入りのベストショットが、撮影できます。





最期になりますが、大倉部山の山頂から望む、但馬・竹田城趾のアングルです。
この日は雲海でもなく、桜も咲き誇っていませんでしたが、立雲峡と但馬・竹田城趾が同じ画角に収まって夕日に輝いていました。
大倉部山も登山道が未整備のため、初めての方は事前に下見をしてからお越しください。





そこには一生にうちに一度は見ておきたいと云われている、絶景が待っています。どちらも様も、心よりお待ちしておりますので、お気をつけておこしくださいませ。




4

アメブロ以外は下記のタグをご利用ください。

ブックマークに登録する

役に立ったコメント(1)

»コメントを書く

くうねる

すごく写真がお上手ですね。すばらしいです。
2009-10-28 13:27 通報する

 

とくネタ投稿者データ

この記事をお気に入り登録した人(2)

  • LoveMi
  • くうねる

地域情報・旅行ランキング

すべてを見る

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る