とくネタトップ » 恋愛・人間関係の悩み » 恋愛
通報する

モテル「軽さ」を自分のものにする 子供から大人まで使える技

  • 09-08-21 11:38
  • 総合ランキング:585位
  • 役に立った:0
  • コメント:0

 

恋愛相談に乗っていたり接客で色々な人に接していると

 

「この人はすぐに相手が見つかるだろうな」「この人は・・・無理だろうな」

 

という決定的な違いがあります。それは個人の軽さのさじ加減の違い。

 

モテル人はこの部分の「軽さの度合い」が絶妙です。異性にモテて当然。これは小学生だろうと大学生だろうと中年であろうと同じ、永遠のポイントです。何故この人がモテルのだろう?って思ったことがありませんか?カッコよくもない、可愛くもない、特に目立ったところもない・・・でも。それは「軽さのさじ加減」を知っているから。

 

だったらいっそ、モテル「軽さの法則」をこのリクエスチョンで学んで明日から「モテる軽さ加減」を身につけませんか?これを身につけたら外見の良さ悪さを超越する

 

あなたの独自の人間味

 

でモテますよ。

,

軽さの法則

 

自己主張の軽さ加減~自分は縁の下の力持ち程度で

 

ポイントA:とにかく相手にグッドパスをあげていき続ける

 

ポイントB:直接主張せず、だけど周りから徐々に攻める事

 

「俺は~」「私の場合はねえ~、~で・・・」など自己中心的に会話もムードもひっぱていく人、目立ちたい人

 

「~してやったのに」「おまえ~だろ?」というやってやった・上目線などの優位オーラを発する方がいらっしゃいます。これはあなたがカッコよかろうが可愛かろうが早い段階で異性はもちろん周りから

 

捨てられます。

 

ましてや外見に自信がない方ならなおさら駄目ですね。異性に相手にもされません。むしろ気持ち悪がられうざがられます。こういう場合あなたは完全にジコ中の王様になっております。

 

話は周りの相手を中心にふっていく事、そして話題を膨らませてあげる事。そうしたら相手もあなたに話をふってきますね。そういう時にさらに「私は~だけど、○○さんのはもっと凄い!!それで~はどうなったんですか?」などと自分自身の事は軽く流して更に大きくして相手にバトンタッチさせて下さい。相手は気持ちよくあなたと話していき、どんどんあなたと一緒にいたくなります。

 

これがAの解釈「軽さのパス回し」です。

 

また、

 

何か相手にしてあげてもさりげなく微笑んでやってあげたことを一切自慢してはいけません。

 

もし本人に言われても「いいって、いいって」って位でこの話題自体をかわしましょう。だけど共通の友人や知人にそのときしてあげた経緯を「黙っててね」と前置きして話して大変さや苦労を話しましょう。

 

ですがラストは「~さんが喜ぶんだったらって思って」で締めくくりましょう。

 

話を聞いた人は「秘密の話」を伝えたがるものです。

 

こういう話は例えば「誰にもいわないでね、実は~」って話が大抵皆にばれている法則と一緒です。ほぼ確実に当事者に伝わります。

 

ここであなたの株はぐっと上がって時に相手がそのことで色々と言ってくるかもしれません。ですがあなたは本人には「いいって、いいって」で貫き通しましょう。

 

あなたは愛しの異性の特別な人になります。そして特別な人ほど異性にモテております。

 

これがBの解釈「直接軽く 間接秘密の軽さで話してね」です。

 

この2つの技であなたは愛しの異性の特別な人になります。

0

アメブロ以外は下記のタグをご利用ください。

ブックマークに登録する

役に立ったコメント(0)

»コメントを書く

 

とくネタ投稿者データ

恋愛・人間関係の悩みランキング

すべてを見る

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る