とくネタトップ » 子育て・学校 » その他
通報する

母乳育児のトラブル等・・・

  • 09-09-26 11:04
  • 総合ランキング:174位
  • 役に立った:16
  • コメント:0

完全母乳で、育児を頑張ったりしてると

おっぱいトラブルは、多々ありますよね。

一番多いのは、『乳腺炎』

そして、慣れない頃は切れたり裂けたり・・・

歯が生え始めは、噛まれたり。

そんな時のケアの仕方を、母乳外来等で、

教えてもらった事があるので、是非参考にしてみてください。

,

まずは、乳腺炎

乳腺炎の症状は、人によっても違いがありますが、

私の場合は、おっぱいがカチカチに張る、部分的にしこりが出来る、

風邪のように寒気・発熱っといった状態でした。

ココまで来ると、さすがにちゃんと病院でおっぱいマッサージを受けてケアしてもらわないと駄目ですが

まだ、張って痛い、しこりが小さいという時は

 

ジャガイモ湿布

ジャガイモを摩り下ろし、摩り下ろしたジャガイモと同じ分量の小麦粉と混ぜ合わせます。

それをガーゼに取り、平らに伸ばして、患部に当てます。

3時間おきくらいに、交換をする事をお勧めします。

ただ、ジャガイモが黒く変色し、臭いもキツイですr(^^;)ポリポリ

 

キャベツ湿布

こちらは、物凄く簡単で、キャベツの葉を患部に当てるだけです。

ジャガイモ湿布と違って、臭いも気にならず、手軽です。

 

寒気や熱がある時は、無理せずに葛根湯を飲んで、

お風呂やシャワーなどを浴びないように。

体を温めると、血の巡りが良くなり、さらに痛み等が酷くなります。

 

母乳は、血液から出来てますので、

乳腺炎になった時は、おっぱいを暖めないように気をつけてください。

白斑が出来てる場合は、爪の先でつまむようにして、

詰まりを取るようにすると良いのですが、

貫通してから出てくる母乳は、時に膿んでる事もあるので

無理に絞り取らず、母乳外来で診察してもらってください。

美味しいくて良いおっぱいは、薄く青みかかったサラサラした母乳が目安です。

 

 

そして、おっぱいをあげ始めた頃に良く起こる

乳首の切れや裂けに関しては、

【紫雲膏(しうんこう)】

 

を患部に塗ります。

コレは、実際に私が母乳外来で、お世話になった先生に

薦められた軟膏です。

傷口に塗るので、沁みますが

完母をしてる人に大丈夫な軟膏という事です。

おっぱいをあげる際に、ウェットティッシュで拭いてから

あげる事が出来ます。

 

画像でティッシュについてる色を見て分かるとおり

かなり真っ赤です。

患部に塗った際には、しっかり母乳パット(使い捨てもの)を使わないと

授乳ブラが大変なことになります(笑)

 

そのほかには、いろんなサイトがありますが

お勧めは

母乳育児のノウハウ - 魔法のおっぱい - 楽天ブログ(Blog)

http://plaza.rakuten.co.jp/yokubarimama/002000

です。

16

アメブロ以外は下記のタグをご利用ください。

ブックマークに登録する

役に立ったコメント(0)

»コメントを書く

 

とくネタ投稿者データ

この記事をお気に入り登録した人(4)

  • よもや略
  • Macco
  • Mew❤
  • くうねる

子育て・学校ランキング

すべてを見る

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る