とくネタトップ » ニュース・時事 » 国際
通報する

第8章-5 COP15の基礎知識

  • 10-01-22 17:25
  • 総合ランキング:280位
  • 役に立った:5
  • コメント:0

ET
Originally uploaded by jnconradie

下のリンクをクリックして
「Rayの元気が出る英会話 7」へ行き、
その記事中の
→ この記事の続きを読む」をクリックすれば、
同時に2つの画面を並べることができます。
ビデオの日本語と比べてご覧ください。
http://anthropos.blog.so-net.ne.jp/2009-12-12  

COP stands for Conference of the Parties.
It is a conference initiated under UNFCCC 
or the United Nations Framework Convention on Climate Change,
meeting annually with environment ministers of each country 
(and other government representatives and worldwide press),
to assess progress in the (framework) convention.,
The conference this year, in 2009, is held for two weeks, from the 7 - 18 December, 
in Copenhagen, the capital of Denmark.
The purpose of the conference is to formulate counter measures against global warming,
which are not defined in the Kyoto Protocol, 
and enter into a binding agreement effective for the period after 2012.
Denmark government aims to reach the agreement with as many countries as possible 
to reduce man-made GHG emissions that bring about threatening climate changes.

さぁ、英会話レッスンだ!

stand for は前にも出てきたね。
http://anthropos.blog.so-net.ne.jp/2009-10-21 

Practice 1(解答)

GHG stands for Greenhouse Gas.
(GHG は Greenhouse Gas の略です)

Practice 2(解答)

ET = Emissions Trading 排出量取引 
(cap and trade キャップアンドトレードとほぼ同意語として使われる。脚注 1 参照
CDM = Clean Development Mechanism クリーン開発メカニズム
CER = Certified Emission Reductions 認証排出削減量


「世界一幸せな国」と呼ばれるデンマークの首都コペンハーゲンで、
泥試合のような外交劇が繰り広げられた。でも、それでいい。少なくとも試合をしている。


Boxer 9
Originally uploaded by iCatcha Photography

音楽でも、人前に出て、演奏することによって、より具体的な課題が見えてくる。

たとえCOP15という場で意見がまとまらなかったとしても、そこで見えた課題は
必ず多くの人々の心に刻まれ、政府レベルとは違うところ(特に、それをビジネスチャンスと捕らえる
企業レベル)で何らかの行動が起こる。

Smart Grid や AMI (Advanced Metering Infrastructure) 促進の動きがそうだ。

多くの科学者が2009年は "Last chance (ラストチャンス)!" と警鐘を鳴らす中、
危機感をビジネスチャンスに変換する機運もある。

本来自己中心的な人間を動かすには、「欲」や「インセンティブ」を上手く利用するのも一つの手だ。

みんながみんな聖人のように清らかな心を持ち、地球を、すべての生きとしいけるものを
愛することができるのであれば、そんなこと必要ないのだけれど・・

COP15という地球規模のドラマが、人間とはどういうものか、厳しい現実を見せてくれた。


( ← 前回 )


脚注 1 
キャップアンドトレード (Cap & Trade) とは「まず具体的な削減目標を決め、
その達成のために排出量に上限(キャップ)を定める。この上限をもとに各企業などに排出枠を配分し、
実際の排出量との差分を取引(トレード)するもの」
wikipedia (日本語)より 
http://en.wikipedia.org/wiki/Emissions_trading

5

アメブロ以外は下記のタグをご利用ください。

ブックマークに登録する

役に立ったコメント(0)

»コメントを書く

 

とくネタ投稿者データ

この記事をお気に入り登録した人(1)

  • ミネラルウォータ

ニュース・時事ランキング

すべてを見る

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る