とくネタトップ » 暮らし » ショッピング・通販
通報する

本当に買う価値のある牛乳を見極めるコツ

  • 10-03-06 02:49
  • 総合ランキング:集計中
  • 役に立った:1
  • コメント:0
買う価値のある牛乳を見極めるコツは一つです。それは殺菌温度が63~67度くらいで30分ほど殺菌している低温殺菌の牛乳を選ぶことです。


普通の牛乳は120~130度で3秒ほど殺菌しています。コスト削減のためですが、水の沸点よりも高い温度でいきなり殺菌するため乳酸菌なども消滅します。牛乳本来の味も落ちるため、水と大差ない牛乳となってしまっています。


一方で低温殺菌牛乳は栄養分を破壊せず、体に悪い菌だけを殺菌できるギリギリの温度で殺菌しているので栄養分は破壊されず味も落ちません。コストはかかりますが消費者にはありがたい品物です。


低温殺菌牛乳と普通の牛乳の違いは、前者の方が20円ほど高く賞味期限が1日程短いくらいで他は大差ありません。しかも栄養分は前者の方がはるかに高く、味も明らかに上です。


ホットミルクにしたり、熱いコーヒーにいれてしまうと意味がありませんが、普通に飲むのなら迷わず低温殺菌牛乳を選ぶ方がおすすめです。御一考下さい。

1

アメブロ以外は下記のタグをご利用ください。

ブックマークに登録する

役に立ったコメント(0)

»コメントを書く

 

とくネタ投稿者データ

この記事をお気に入り登録した人(1)

  • 阿天

暮らしランキング

すべてを見る

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る