とくネタトップ » 仕事・キャリア » 就職・転職
通報する

就活面接で成功するコツ!自分を売り込むプレゼン方法が鍵!

  • 10-12-16 16:32
  • 総合ランキング:集計中
  • 役に立った:5
  • コメント:0

 

なかなか就職が決まらない超氷河期の就職戦線。

新卒の方も転職の方も、面接に臨む機会は多いと思います。

でも面接って緊張してしまうし、うまく話せなかったり、あまり得意じゃない人って多いんじゃないでしょうか。

しかし!面接は、書類上ではわからない、自分の良さや考えを相手に伝える絶好のチャンス☆です!

 

学歴や資格、留学経験などの能力は、履歴書で伝えることができます。

でも、企業側が求めているのは、高い学歴・華やかなキャリアばかりじゃないんです。

面接で何を見たいか。

それは、その人の意欲(やる気)、適性、柔軟性やコミュニケーション能力など、書類ではわからないことを見たいんです。面接に自信がない人は、自分の経歴や性格を分析してどんな強み・弱みを持っているかまとめておくことが大事です。

 

●新卒面接なら:

まず、どの部署に配属になるか決まっていないし、実務経験がありませんよね

これから経験を積んでいくフレッシュな人は、(経験もないのに)「これがやりたい」という限られた意欲・能力よりも、「色々と経験していきたい」という意欲と柔軟性のある人のほうが、どんな仕事も前向きに頑張っていけそうな人だな、という好印象を持ちます。

清潔感と、ハキハキした大きな声、新しいことに前向きにチャレンジする気持ちのアピールが好印象です♪

 

◆中途・派遣面接なら:

募集している部署・仕事が決まっているのでその業務で求められている条件に合った自分の適性や意欲を表現するのがいいでしょう。業務内容の説明に対しては、必ずメモを取り、「過去に~といった経験がありますので、できると思います」と笑顔を交えて対応するのがいいでしょう。

これまでの社会経験をふまえ、どんな能力と適性があるのか、職務履歴書に書いていないことを紹介しましょう♪

 

ご参考まで☆

 

 

5

アメブロ以外は下記のタグをご利用ください。

ブックマークに登録する

役に立ったコメント(0)

»コメントを書く

 

とくネタ投稿者データ

仕事・キャリアランキング

すべてを見る

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る