とくネタトップ » 趣味・エンターテイメント » 音楽 » 楽器
通報する

ピアノ未経験者でも出来る簡単鍵盤弾き語り術

  • 11-11-01 21:47
  • 総合ランキング:1062位
  • 役に立った:11
  • コメント:1

ピアノに代表される鍵盤楽器で伴奏しながら歌う「弾き語り」が簡単に出来てしまう方法をお教えします

まずは次のドレミに対応する変換を覚えてしまってください (たった7個です)
ラ=A
シ=B
ド=C
レ=D
ミ=E
ファ=F
ソ=G


この変換が瞬時にできるようにさえなれば、もう弾き語りは出来たも同然です

弾き語りをする際には、多くの場合2種類の楽譜のいずれかを使用します
一つがお馴染みの音符が並ぶ「五線譜」と呼ばれるもので
もう一つが、歌詞の上にアルファベットの文字列を書いた「コード譜」と呼ばれるものです
(両方書いてあるものもあります)
ここで使うのは後者の「コード譜」の方です
このコード譜は、本屋さんや楽器店でもたくさん置いてありますので
お気に入りのアーティストの歌なんかの楽譜を手に入れることもできます

さて、実際にコード譜を見てみます
例&練習用として日本では「きよしこの夜」でお馴染みのサイレントナイトのコード譜を準備しました



こんな感じで、歌詞の上にアルファベットの文字列が記載してあります
このアルファベットのことを「コード」と呼ぶことから、コード譜と言います
なんとな~く予想がついている方も居られるでしょうが、まさにそのままです
左手で、先ほどの変換に対応したドレミを弾きます

しかしここで、ちょっと問題がありますね?
BdimやAmといったものの場合どうしたらよいのでしょう?
この場合最初ののアルファベット以外は無視して下さい
つまり、Bdimとかいてあるならば「B」として見ます


では、最初は左手だけで歌いながら演奏してみましょう
演奏する音の高さに決まりはありませんが、左手はちょっと低めぐらいの音の範囲で
演奏してやると、違和感を感じることはまずありませんので、その辺りで適当な良さそうなところを探してください
コード譜でコードが書いてある所で音を出します
コードが書いてない部分は直前のコードがまだ続いています
ちなみに歌の歌いだし最初の音は「ソ」の音です
数回やってもらえば、少し慣れてくると思います

次に、右手の演奏です
右手も、同じようにアルファベットを見て、親指をアルファベットの音の位置にもって行きます
例えば、最初の「C」というコードを例にみてもらいますと

こんな感じですね
さて、ここからが面白い所ですよ~
ルールは2つだけです
①黒い鍵盤は無視
②右方向に一つ飛ばしで合計3つ
どういうことか、解説しますと
鍵盤には白い鍵盤と黒い鍵盤がありますが
黒い鍵盤はここでは使いません
なので、最初から存在しないものだと思ってください
そして親指の位置から、右方向の白い鍵盤を一つ飛ばしで合計3つ演奏します
つまり・・・

こういうことです
指は、親指、中指、小指を使うようにして下さいね
実際にCと書いてある場合には↓図のようになりますし


Gと書いてある場合には↓図のようになります


さて!
ここまで理解できたら、あとは少し練習するだけです
右手の演奏する高さにも決まりはありませんが
中ぐらいの高さの範囲の音で演奏してやると、違和感はありません
これも数回、右手だけの伴奏で歌ってみて下さい

では、両手で演奏していきます
右手と左手それぞれ、説明した通りに弾きながら歌ってみてください
最初は確かめながら、ぎこちない演奏になると思いますが
何度か繰り返しているうちに、だんだんとなれてきてスムーズに演奏できるようになります

すると・・・

あら、不思議!
ちゃんと弾き語りになってますね?
あとは、伴奏するリズムを曲に合わせて自由に付けてください
リズムにも決まりなんてありません
あなたが一番気持ちよく歌えるリズムで演奏してもらえば大丈夫です




最後に、この簡単鍵盤弾き語り術は「ハ長調」と「イ短調」の楽曲の中でも
「臨時記号が登場しない楽曲」にのみ使える方法です
この演奏が自由にできるようになった後、もっと色んな曲を演奏したいと考えられた方は
コメントで希望して頂ければ、続きをお教えします

11

アメブロ以外は下記のタグをご利用ください。

ブックマークに登録する

役に立ったコメント(1)

»コメントを書く

mousewow

ZOさんで初めてきよしこの夜を弾きました。CFGのスリーコードだけでも雰囲気出ますね。面白かったです
2009-08-26 15:44 通報する

 

とくネタ投稿者データ

この記事をお気に入り登録した人(2)

  • ユーリ
  • 音の魔術師

趣味・エンターテイメントランキング

すべてを見る

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る