とくネタトップ » 子育て・学校 » 子育て » 子どもの行事
通報する

スタジオアリスで写真データを残す攻略方法

  • 13-04-13 18:17
  • 総合ランキング:231位
  • 役に立った:3
  • コメント:0

スタジオアリスで写真を撮った場合、特別料金を払わない限り、写真として残した以外のデータが消されてしまうのは、よく知られた話です。

 (写真として残したデータは1年後に520円でCD-Rに焼いてもらえます。)

少しでも費用を抑えてデータを残したい人に有効な情報となるかと思い投稿しました。

 次回への自分での作戦も兼ねて書いています。

 

このデータとして残せる条件が、1年前と変わったので報告します。(2010年4月現在)

 2009年以前は、キャンペーンでキッズ名刺や、キーホルダーにする写真は、既に写真として残したデータだけしか使えず、キャンペーンによって、最終的に残せるデータ数は変化しませんでした。

2010年3月頃から、条件が緩和して、同じシチュエーション(バースデーケーキ背景での別カットであればOK等)であれば、新たにデータを残せることになりました。

 

これを利用すれば、バースデーや節句が適用するタイミングで利用することで、うまくいけば残すデータを5カット程も増やすことができます。

今回、私は子供の誕生日、5月の節句、母の日の条件が重なったため、それぞれのキャンペーンでのデータを合計5カット分残すことができました。

 

(2012年4月追記)

上記の書き込みから2年経ちましたが、同じ方法は変わらず使用できました。

今回は、キャンペーン特典でもらえる大きな写真にしたいものと、同じシチュエーションで写真にするほどの別カットがなかったため、530円のシールを購入することで条件を満たし、無事キャンペーン写真も欲しいものにすることができました。

写真にすると最低1500円かかるため、キャンペーン条件を満たすためだけや、1年後にCDにしたいデータを残すのにシール購入はお勧めです。

 

(2013年4月追記)

 今年も子供の誕生日、及び入園祝いの写真を撮って来ました。

基本、去年と変わりませんでしたが、入園祝いのキャンペーンと誕生祝いのキャンペーンで5カット分追加できました。

ちなみに入園祝いの壁紙ダウンロードデータも購入した場合と同じ扱いで、CDにした時にデータを残せました。

 

3

アメブロ以外は下記のタグをご利用ください。

ブックマークに登録する

役に立ったコメント(0)

»コメントを書く

 

とくネタ投稿者データ

この記事をお気に入り登録した人(1)

  • よもや略

子育て・学校ランキング

すべてを見る

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る