とくネタトップ » アンケート
通報する

参加型アンケート 座談会の傾向

  • 12-10-10 21:30
  • 総合ランキング:集計中
  • 役に立った:0
  • コメント:0


どうしたら参加できるかという決め手については別に書いていますが

 

参加型アンケート 座談会にはある種の傾向があるという認識は重要です。

 

例えばgooリサーチは圧倒的にIT関係の募集が多い。

 

というのも傾向ですが

 

過去二年分ぐらいの参加履歴を分析してみてあることに気がつきました。

 

同月にJMAとJMA

 

アントケイトとアントケイト

 

CIMネットとCIMネツト

 

と重なることが多いのです。

 

ですから「今月ここは二回目だからあきらめよう」

 

という発想は必要ないですね

 

 

それと事前アンケートを突破する秘訣を一つ二つ書いておきましょうか。

 

今年は45回くらい会場アンケートと座談会に参加していますが

 

コツがあります。

 

たとえばあるサイトの会員用のページではなくスポンサー側のページを読んでおくんですね

 

で、

 

これアサヒかな…キリンかな…どっちを選ぶか迷うことがありますよね

 

答えは取引先として書いてありますよ

 

 

あとは参加条件

 

答えは週何回なのか… 迷うことがありますよね。

 

私は電話であるアンケートお姉さんに訊きます。

 

「このアンケ、○○さんのとこには情報来てない? 条件教えてよ」

 

という場合もありますし

 

そういうコネがない人の場合

 

できるだけたくさんのサイトに登録しておいて、

 

条件開示の緩いところからヒントを得ます

 

 

「このカメラってあれか、女性は20~45 男性は60歳以上 だったのか。最初から条件合わないのにわざとらしく情報集めるなよ」

 

…みたいなことがわかってきます。

 

こうなると、結構高確率で参加できるようになりますね。

 

なんというか

 

メトロの回数券を買えるようになります。

 

 

 

[追記]

 

参加枠が厳しい

 

少ない

 

サイトとは早めに縁を切りましょう

 

無料で

 

事前質問に答える時間が無駄です

 

たとえば

 

バヒナ

 

スガタリサーチ

 

 

0

アメブロ以外は下記のタグをご利用ください。

ブックマークに登録する

役に立ったコメント(0)

»コメントを書く

 

とくネタ投稿者データ

アンケートランキング

すべてを見る

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る