とくネタトップ » 地域情報・旅行 » 国内 » 観光地・名所
通報する

竹田城跡(竹田城址)の天守でブロッケン現象や白虹が出現

  • 10-10-19 16:13
  • 総合ランキング:706位
  • 役に立った:0
  • コメント:0
雲海で有名な竹田城跡(竹田城址)で、運がよければブロッケン現象や白虹が見れます。










ブロッケン現象とは、霧の中に伸びた影と、周りにできる虹色の輪(ブロッケンの虹)の二つの現象をまとめて指しています。

両者とも霧の中のいたるところで起こっており、霧が見る人の間近にあるとき、奥行きと巨大さを感じる場合があります。

に比べて、見かけの大きさは10分の1程度と小さく、光の輪は何重にもなる場合があります。

また、見る人の影が十分小さければ、中心点にも輝点が見られ。内側は青色で、外側は赤色。水滴が起こすミー散乱の後方散乱が、光の色(波長)によって異なる角度依存性を持つ事によっておこります。

ミー散乱を起こす粒子は雨粒に比べて非常に小さい(虹は雨粒による屈折と内部反射によるものです)。名前の由来はドイツブロッケン山ハルツ山地の最高峰 (1,142m) から来ています。

日本では御来迎(ごらいごう)、山の後(御)光仏の後(御)光、あるいは単に御光とも呼ばれます。

これは、古くは阿弥陀如来が『観無量寿経』などで説かれる空中住立の姿を現したと考えられていたためで。槍ヶ岳開山を果たした僧播隆の前に出現した話が有名です。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より



白虹【しろにじ/はっこう】
別名 霧虹
英名 white rainbow
※霧が晴れる時に出る白い虹。


雨上がりの朝、窓を開けると深い霧に包まれている・・・
その霧が時間とともに薄くなってきて、太陽が顔をのぞかせた。
その瞬間、太陽と反対側の空に白い虹のようなものが・・・。
虹のようなアーチだけど、七色ではなく真っ白。

・・・こういうことがごく稀にあります。この、白い虹のようなもの。
これは霧の粒に太陽の光が反射することでできた虹です。

霧によってできるので「霧虹≪きりにじ≫」、白いので「白虹≪しろにじ/はっこう≫」と呼ばれています。

白虹の読み方ですが、「空の色と光の図鑑(斎藤文一著)」では「はっこう」、「空を見る(平沼洋司著)」では「しろにじ」となっています。


霧虹(白虹)は非常に珍しい現象で、かなり執念深く追わないと見ることはできません。




あなたには、見れますでしょうか?どうでしょう?

0

アメブロ以外は下記のタグをご利用ください。

ブックマークに登録する

役に立ったコメント(0)

»コメントを書く

 

とくネタ投稿者データ

地域情報・旅行ランキング

すべてを見る

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る