とくネタトップ » 子育て・学校 » 学校・教育 » 高校生
通報する

一度勉強したことを忘れない勉強法

  • 09-10-31 03:48
  • 総合ランキング:390位
  • 役に立った:9
  • コメント:0
「人が一度学習したことをどの程度記憶するか」という事を調べた心理学者エビングハウスの忘却曲線というものがあります。これによると、一度学習したことに対して、1時間後には56%忘却し、1日後には74%を忘却するということが言われています。これは、「テスト勉強を一夜漬けで勉強し、テストの時には答えられた問題を、数日後には答えられなくなっている」ということと対応しています。

では、このように忘却することを避けるためにはどうすればいいのか?!ということですが、同じ学習を繰り返しすると、脳が大事な記憶だと認識して、長期間記憶として留まるという事も知られています。具体的にどの程度繰り返せば良いかというと、3~4回、同じ学習をすると良いようです。これは1日の内に3~4回というより、期間を空けて、例えば1日~1週間おき程度に行った方が良いようです。

このようにして考えると、授業で学んだことを長期間記憶として留めるために、予習、復習をすれば良いのではないかと考えられます。こうすることで「予習」、「授業」、「復習」と3回学習することができます。また、授業で学んだことはテストに出ますから、テスト勉強をすることで「予習」、「授業」、「復習」、「テスト勉強」と4回学習することができ、これにより、より長期間記憶を留めることができます。

受験などの大事な試験直前にあせるよりは、このように計画的に学習することが大切なので、やる気のある方は、やってみてください。


参照元:東大院生が教える超効率的勉強法の勉強法コラム

9

アメブロ以外は下記のタグをご利用ください。

ブックマークに登録する

役に立ったコメント(0)

»コメントを書く

 

とくネタ投稿者データ

この記事をお気に入り登録した人(2)

  • 効率的勉強法書いてます。
  • 半兵衛

子育て・学校ランキング

すべてを見る

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る