とくネタトップ » 子育て・学校 » 学校・教育 » 高校生
通報する

徹夜でのテスト勉強の是非

  • 09-10-31 03:38
  • 総合ランキング:572位
  • 役に立った:3
  • コメント:0
寝る時間を削って徹夜で勉強する人がよくいます。徹夜で勉強しているその間、ずっと集中力を保っていられるのなら、非常に有意義なことでしょう。しかし、大抵の人は集中力が途切れていると思います。次の日までの提出物を仕上げなければならない、などという時は仕方ないですが、普段の勉強で寝る時間を削って勉強することは良くないと思います。勉強効率が下がってしまうと勉強成果がでないからです。それよりも、集中できる時間にフルに集中して勉強した方が良いでしょう。

テスト前日に徹夜をする人は比較的多いのではないかと思います。この場合は普段の勉強とは状況が違います。なぜなら、テスト前日にはテスト範囲を完璧にしておいた方が良いからです。具体的な勉強法はここでは言えませんが、どのような時には徹夜ででも勉強した方が良いか、など私の経験則を言います。

まず、社会、英単語や暗記中心の資格試験等のいわゆる暗記問題だけしかテストに出ない時は、徹夜で勉強してもなんら遜色ないと思います。暗記教科は頭の中に入っている知識をテストに吐き出すだけで良いからです。しかし、徹夜した方が良いと言っているのではありません。すでにテストの範囲を完璧にしている人は6時間以上は睡眠を取った方が良いでしょう。

次に数学、物理のテスト、大学入試や応用問題中心の資格試験等の応用問題が出る可能性が高いテストの前日は徹夜すべきではありません。なぜなら、応用問題とはひねりのある問題で、前日に勉強していたもの以上の問題が多く出るからです。寝ていないと頭は働きません。寝ていずに集中ができていない状態だと前日やった以上の問題はほとんどできないでしょう。それよりも、きちんと寝て、次の日のテストに集中できるように備えた方が良いでしょう。しかし、「勉強しなければ次の日赤点だ。」などという人は徹夜しても仕方ありません。応用問題中心のテストはテスト前日よりもっと前にある程度完璧にマスターしておきましょう。


参照元:東大院生が教える超効率的勉強法の勉強法コラム

3

アメブロ以外は下記のタグをご利用ください。

ブックマークに登録する

役に立ったコメント(0)

»コメントを書く

 

とくネタ投稿者データ

この記事をお気に入り登録した人(2)

  • くうねる
  • 効率的勉強法書いてます。

子育て・学校ランキング

すべてを見る

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る