とくネタトップ » 子育て・学校 » 学校・教育 » 小・中学生
通報する

ゲームを勉強に活用する

  • 09-10-31 03:57
  • 総合ランキング:508位
  • 役に立った:4
  • コメント:1
最近任天堂DSなどのゲームで、検定や資格試験等の勉強ソフトが多く販売されています。これらのソフトでの勉強は、ゲームでできる分、気軽に楽しくできます。楽しく勉強することで勉強の効果は幾分上がるでしょうから、普段の勉強に集中できない人にとってはすごく役に立つでしょう。

しかし、これらのソフトが出る以前に頭を鍛えることのできるゲームは多くあったと思います。それらをいくつか紹介していきます。

「桃太郎電鉄」
桃太郎電鉄は有名なソフトですので、皆さんご存知かと思います。このソフトは日本地理を覚えるにあたって非常に効果的です。また、ゲーム内で物件を買うのですが、それによって計算力もつき、その土地土地の名産も覚えることができます。この時、何も考えずに遊んでいたら何も身につかないかもしれませんが、勝負に勝とうと思って考えてゲームすることで、自然と地理、計算力がついてくるでしょう。

「信長の野望」「剣豪」などの歴史関連のゲーム
これらはその時代時代の背景をきちんとあらわしているので、歴史の勉強に非常に役立ちます。

「XAI」「テトリス」
これらは一般の勉強には直接的にはつながってきませんが、数学、物理等で使う図形的センスが磨かれます。

「フロントミッション」
RPG系のゲームですが、特有の図面上で戦いが行われます。この戦いにおいて、戦略を練ることで非常に頭を使います。これも数学、物理等で使う図形的センスが磨かれます。

以上述べたもの以外でも、ゲームで頭を鍛える、勉強することのできるソフトは沢山あります。また、日本に伝統的にある将棋、碁などをすることでも、十分に頭を鍛えることができるでしょう。しかし、歴史物以外のゲームでは特に、「考えて勝つ」ことに重点をおかなければなりません。なぜなら、これらのゲームで「考えて勝つ」ことと、問題を「考えて解く」ことはつながってくるからです。教科書をぼーっと読んでいても頭に入ってこないように、何も考えずにゲームをしても頭を鍛えることはできません。といっても、真剣にゲームに取り組まなければならない、となったら「勉強をした方がまだマシだ」となるので、そこまで考えすぎることはありません。ゲームをするなら、あくまで楽しんでください。

勉強しなければならないけど、どうしても勉強する気がおきない時は、自分の勉強につながるものがあれば、このようなゲームに頼ってみるのも良いと思います。


参照元:東大院生が教える超効率的勉強法の勉強法コラム

4

アメブロ以外は下記のタグをご利用ください。

ブックマークに登録する

役に立ったコメント(1)

»コメントを書く

deidara 000

テトリスは結構好きだぜ
2011-06-17 11:23 通報する

 

とくネタ投稿者データ

この記事をお気に入り登録した人(1)

  • 効率的勉強法書いてます。

子育て・学校ランキング

すべてを見る

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る