すべてのカテゴリ » 趣味・エンターテイメント » スポーツ・アウトドア » サッカー

質問

終了

サッカーに詳しい方に質問します。
なでしこジャパンの勝利はとても嬉しいものでした。
あれは、まぐれでしょうか、実力でしょうか。
最後まであきらめないで頑張ったのは判りますがどうでしょう。
今回は、細かいパス回しが成功していますが、研究されると容易にカットされて敵のスピードの前に敗北しそうにも見えるのですが
余計な心配でしょうか。

===補足===
小中学生の人も自分の考えをおねがいします。

  • 質問者:とくめい
  • 質問日時:2011-08-05 10:39:23
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

日本の特徴は細かいパス回しにありますが、それを可能としているのはズバリ「連動性」です。FWからGKまでもが連動して戦うのが特徴で、それはかの世界最強クラブのバルセロナのやり方に似ています。

一対一の戦いでは、欧米の屈強な選手に日本人は歯が立ちません。
しかし複数の人間が連動することにより、一対一になる前にパスを回し、局面を打開します。

どんなに早く、どんなに強い人間でもボールのスピードにはついてこれません。
バルセロナやなでしこJAPANは前線の選手からプレスをかけることで相手チームのボールの行先を限定させ、最後には絡め取ってしまいます。

そこから早くて正確なパスワークで相手を翻弄することで試合を優位に進める訳です。
しかしこの方法は実に難易度が高く、11人の選手が一つの生き物のように連動することで初めて威力を発揮します。

一人でもさぼったり、考え方が異なったりすると、そこに綻びが生じ機能不全に陥ります。
しかし機能しているときは「最強」です。

ただ今回のなでしこですが、完全に機能していたのは全体の40%ぐらいで、それ以外では後手に回る部分もありました。

だからドイツにしろ米国にしろ90分内で倒せなかった訳です。もし完璧に機能している状態がもっと増えれば、かのバルセロナのように「無敵」状態になります。

しかし面白いもので、これを破るには2つの方法があります。

一つはWC決勝前半で米国がやったように、なでしこ以上の運動量でもってプレスをかけ、パスをカットし、速攻でゴールを陥れる方法。

ただこの方法は日本人以上に「スタミナ」がないと途中でガス欠となります。
決勝の米国がまさにそうでした。

もう一つは逆に自陣に引きこもり、がっちり守ってカウンターにかける方法です。
これは同じく決勝後半の米国が取った戦法であり、また南アフリカWCで男子日本代表がカメルーンを撃破した戦法です。

またバルサを相手にし、かの策士モウリーニョが率いるインテルが取った戦術でもあります。ただこの方法では先制点を取れなければ後半スタミナが落ちてやられてしまいます。

11人の連動性が高い水準で確保されるのであれば、なでしこの天下はしばらく続くでしょう。しかし僅かな綻びで一対一の局面を作られると、個の力のある欧米列強の餌食となります。

これはバルサ対その他大勢(強豪)の戦いの女性版です。
なでしこがこのまま「バルサ並み」に更に連動性を高められのか、それともボールを支配しながらカウンターの一閃に沈むのか?

実に楽しみです。
おっと忘れてました、質問の回答ですが、なでしこの実力は本物です。

まぐれでは勝てません。
但し、現段階での完成度では、米国ともう一回戦うと負ける可能性の方が高いでしょう。

しかし今のなでしこは、米国だろうがどこだろうが簡単に勝てる相手ではなくなっているのはまぎれもない事実です。

戦えば全て好勝負になると思いますよ!

  • 回答者:マニア内容ですみません (質問から15時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

読み甲斐のある内容ありがとうございます。

並び替え:

まぐれでしょう。
日本開催なら負けてたでしょう。

  • 回答者:匿名 (質問から7日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

技術や体力では負けていたと思いますが、
勝つ!という気持ちが勝っていたのだと思います。

  • 回答者:とくめー (質問から8時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

まぐれではないと思います。
チームワークも凄く良かったですし運も多少はあったでしょうが
運も実力のうちですから^^

  • 回答者:匿名 (質問から4時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

まぐれではなく実力です。
先行されても点を取り返して追いついたから実力だと思います。

  • 回答者:匿名 (質問から3時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

まぐれではないと思います。
運もありましたが、チーム力では世界一の実力だったと思います。

  • 回答者:匿名 (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

運だけでは世界一に慣れませんが運も必要です、やはり実力でしょうね。
練習やチームワークが全てマッチしたので運を引き寄せたと思います。

五輪予選にも当然勝って欲しいですが
練習やチームワークがぴったり合うかどうかでしょうね。

以前、男子のA代表W杯で中田ヒデの我侭で敗れたことを
教訓にしたいです。

  • 回答者:満月 (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

まぐれではないと思います。

力には体力と技術力と精神力がありますが、今回のなでしこには技術力と精神力があったと思います。
もちろん、アメリカとの決勝戦を見たら、アメリカの方が体力は上だったでしょう。技術力は少し、アメリカが上かと思います。正直、決勝戦始まったときは、5-0ぐらいで負けるんじゃないかと、そんな予感もしました。
ここで、なでしこの精神力が弱かったら、きっと、試合での技術力もアメリカがかなり上だったのではないかと思います。
このワールドカップの時点で、日本は3つの力の総合力ではたぶん、世界1だったのではないかと思います。だから、まぐれではないと思います。

しかし、他の国がこのままでいるはずはありません。
今回の日本の戦い方は他の国のモデルになることもたくさんあり、研究され、弱点をついてくるでしょう。だから、これからの大会でも同様のいい結果が出せることはないでしょう。

すぐにロンドンオリンピックのアジア予選が始まりますが、ここでも必ずオリンピック出場できるかというと、それは分からないとしか言えません。

だからこそ、サッカーがおもしろいのかもしれませんが…。

  • 回答者:匿名希望 (質問から22分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

実力的にも近年急上昇して直前のランキング4位からの優勝ですから、
実力と幸運の勝利と言えます。まぐれではありません。
カットする作戦で来られたら、こちらもさらに裏をかくパスを研究するわけですから、
ロンドン五輪に向けてもがんばってくれると思います。

  • 回答者:匿名 (質問から13分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

まぐれでは、
幸運が重なったとはいえ
優勝はできないと思いますね。
相手に研究されますから
次の優勝は厳しいと思いますね。
日本で明るい話題がない中
降って湧いたような
朗報でしたね。

  • 回答者:匿名 (質問から11分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る