すべてのカテゴリ » 美容・健康 » 健康管理 » 病気・症状

質問

終了

最近熱中症が問題になっていますが、昔は根性が大切で、運動中でも水を飲んではいけないと言われたりしていたのに、今ほど倒れる人が少なくなかったような気がするのはどうしてなのでしょうか。

  • 質問者:ばく
  • 質問日時:2011-08-08 22:12:48
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

昔は日射病と言われていましたが、今ほど生活環境の気温が高くなかったと思います。
なんと言っても温暖化の結果だと思います。

  • 回答者: 匿名  (質問から12時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

熱中症として認知されてないだけでけっこう死んでます。

  • 回答者:匿名 (質問から10時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

お水はのんだほうがいいとおもいます><
人は水分なしでは生きられません☆w

この回答の満足度
  

報道していないだけだと思います。
小さい時熱中症になりましたし、まわりでもいました。

  • 回答者:匿名 (質問から5時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

東京に30数年前に住んでいたことがありますが、エアコンなどなくとも生活できました。
電車も冷房化が始まったころでした。
そのころから比べると温暖化が進んでいます。

体力、根性も確かに落ちていますが、車社会になって排気ガスなどで空気も濁っているのかもしれません。
冷房が効いている部屋から灼熱の場所にさらされたら熱射病にもなりやすいといわれているらしいです。

  • 回答者: とくめい (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

気のせいです

きっと

この回答の満足度
  

報道の仕方だと思います。

  • 回答者:匿名 (質問から57分後)
  • 0
この回答の満足度
  

暑さは昔と比べモノになりませんからね。
今ほど熱中症が話題にならなかったような気がいます。
昔は熱射病って言っていて少なくとも部屋の中では熱射病(今の熱中症)にはならないと思われていました。
だから部屋の中で倒れていた人とか亡くなった人がいてもそれは熱中症ではないと信じられていたのかもしれません。
その事を考えたら、部屋の中にいても注意しなくてはいけないと言う事が世間に知られてきたのもあるかも知れませんね。

  • 回答者:匿名希望 (質問から37分後)
  • 0
この回答の満足度
  

猛暑と熱帯夜の影響だと思います。
高温注意報なんて昔はありませんでしたしね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%B8%A9%E6%B3%A8%E6%84%8F%E6%83%85%E5%A0%B1

  • 回答者:匿名希望 (質問から23分後)
  • 0
この回答の満足度
  

地球温暖化が今ほど進んでいなかったせいか、
昔は真夏でも今ほど高温ではなかったような気がします。

  • 回答者:匿名 (質問から9分後)
  • 0
この回答の満足度
  

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る