すべてのカテゴリ » 知識・教養・学問 » 知識・学問 » 数学・サイエンス

質問

終了

上、中、下3種のお茶がある。
上茶は1kg250円、中茶は1kg200円、下茶は1kg150円であるという。
今この3種の茶を上1、中2、下3の割合に混合すれば、いくらの茶となるか?
解説もお願いします

  • 質問者:野本
  • 質問日時:2011-09-09 14:02:35
  • 0

回答してくれたみんなへのお礼

とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

簡単な数学の質問なら183円辺りになると思うのですが・・

実際商品のラインナップからしてみた時はどうでしょう。ww

色んなレベルのお茶が混合されているいわゆるブレンド・ハイブリッド茶なんですよね?
価格設定からしてみると、

上       1kg250円
中       1kg200円
ハイブリッド  1kg183円
下       1kg150円

という事になりますよね。。。

非常に価格設定面からすると中茶の売り上げとぶつかり合ってしまう
可能性が出てきます。

あと3種の茶をブレンドする際の工程などを考慮してみると一種だけよりかは手間が余計かかると思います。

PR面でも我が社の上級の茶が入っているものを中茶の値段より下回る価格でお出しするのも忍びない気がします。よって中茶よりは高めの値段設定でいくほうが
イメージ的に良いのではないでしょうか。

よって この新ブレンド茶は225円という設定が一番この商品は伸びると思います。儲け率も183円より42円アップ(およそ40%)増の見込みもいいですね。

上        1kg250円
新ハイブリッド 1kg225円
中        1kg200円
下        1kg150円

もちろん理論に沿ってはいないですが、現実であればこういう展開もありえます。

この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

1000gを1:2:3にすると約166g:332g:498gとなる
次に1gあたりの値段を求める
上茶は\250÷1000g=\0.25
中茶は\200÷1000g=\0.2
下茶は\150÷1000g=\0.15
これを各々対応するグラム数にかけると
\41.5 \66.4 \74.7 =約\182.6

  • 回答者:匿名 (質問から6日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

混ぜ合わせた時に、全部でT(Kg)になったとする(実は既に回答にあるように1+2+3=6と考えても良いのですが)

それぞれのお茶が1:2:3で混合されているから、
T(Kg)中ではT/6(Kg)、2T/6(Kg)、3T/6(Kg)
混ぜ合わせた時のお茶の値段は250×T/6+200×2T/6+150×3T/6

これはT(Kg)のときだから、1Kgの時は、・・・計算省略 ・・・(答)
ほとんど答を書いたようなものなので、大丈夫でしょう。がんばってください。

この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

上1、中2、下2の割合に混合→上1kg、中2kg、下3kgで混ぜてみると
合計の重さは6kgになるが、このとき値段はいくらになるか?
6kgで○○円 までわかれば、1kgでいくらなのかもわかる。
あとは自力で頑張れ。

===補足===
割り切れないときは分数を使うのが一般的です。
1100÷6=1100/6=550/3(=183と1/3)

  • 回答者:匿名 (質問から4時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

1100÷6=183.3333
つまり183円ってことだよねw
ありがとうございましたw

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る