すべてのカテゴリ » ニュース・時事 » 社会

質問

終了

放射能漏れによる放射能汚染が完全になくなるまでは、数百年という気の遠くなるような年月がかかるといわれていますが、原子爆弾が落とされてから100年もたっていない日本において、これまで、微量なりとも、放射能に汚染されているなんてことは、言われていなかったように思います。なぜなのでしょうか?

  • 質問者:匿名希望
  • 質問日時:2011-09-13 05:12:41
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

こうなることは想像していなかったからでしょうね。

  • 回答者:匿名 (質問から7日後)
  • 0
この回答の満足度
  

原爆の何十倍百何十倍の放射性物質が拡散しているからです。
原爆の威力は放射性物質より熱線(ケロイド)のほうが強いのです。
皮膚が解けるのは放射性物質ではなく熱線の影響です。

原発事故→被曝
原爆→被爆
字も違います

  • 回答者:匿名希望 (質問から2日後)
  • 0
この回答の満足度
  

どうしようもないので言わないだけです。

  • 回答者:匿名 (質問から13時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

種類が違うからでしょうか。

  • 回答者:匿名希望 (質問から11時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

今でも、長崎は原爆のプルトニウムである程度汚染されています。
みんなどうしようもないので、特に話題にしないだけです。

  • 回答者:匿名 (質問から7時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

原爆の放射能は、何カ月も漏れ続けるとか言うのではなく、
一発で済んでしまったからでしょうか。
また、放射能汚染についての知識も不足していら時代だったと思います。

  • 回答者:匿名 (質問から6時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

原子爆弾は、日米の政府間で抑えていたから
翌日黒い雨を受けた人は、放射能の雨とは知らず
目に見える、火傷をしたケロイドに重点を置いていましたね。
放射能の方は、目に見えないですから放置ですね。
広島の市民は騙されたのだと思いますね。

  • 回答者:匿名 (質問から5時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

子供の頃は、多少あったような気がします。でも年月が立つと忘れてしまうのでしょう。流行にのりやすいですが、忘れるのも早い国です。
ゴミ処理場や工場跡地の汚染も、何も解決していないのに、今は報道さえされません。

  • 回答者:匿名 (質問から3時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

下記を参照してください:

福島原発事故の放射能漏出量が広島原爆の20倍であり、
広島原爆が10年後に10分の1に対して、福島原発が1000年で10分の1という漏出規模が、どのようなスケールのものかを視覚化。縦軸に量、横軸に時間。
広島原爆の場合、エネルギーは一瞬の熱線と短期間の放射線で、死傷者の多くは、この一瞬の熱線と短時間の強い放射能によるものである。
一方、福島原発の場合は、広大な範囲に、膨大な量の放射性物質が拡散したもので、被害の性格は全く異なる。この膨大な放射性物質が一つの塊であれば、閉じ込め、遮蔽することができるが、粒子となって拡散したので、どこにどのように集積するのかわかならいという事態である。
koheikondo.web.infoseek.co.jp/fukushimanuclear.pdf

  • 回答者:匿名 (質問から3時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

爆弾のほうが、一気に放射線や放射性物質が飛散して、大部分が残っていないからです。

  • 回答者:fだsみ (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

欧米諸国から圧力がかかっていたのかもしれません。
そしてそこまで報道する必要がないだろうと思われていたような気がします。
知っている人は知っていましたし、雨にぬれるとハゲると言われていた事もあります。
そうやって子供の頃傘をささずに雨の中を歩いていたら、親に怒られましたよ。
だから必要以上の報道はなかったです。
雨に濡れたらハゲるっていうのは都市伝説かもしれませんが、40代以上の人達は1度は耳にした言葉です。
放射能の影響があまり研究されていなかったせいでしょうね。

  • 回答者:匿名希望 (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

被爆者の差別になるからだと思います。

  • 回答者:匿名 (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る