すべてのカテゴリ » ニュース・時事 » 地震・災害

質問

終了

このニュースで、「地球上の誰かに当たる確率は推定3200分の1。自分に当たる確率は20兆分の1以下と極端に低くなる。」と書かれていますが、「地球上の誰かに当たる確率」と「自分に当たる確率」は、何が違うのですか? 何故こんなに違う数字になるのですか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110922-00000462-yom-sci

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2011-09-22 18:04:06
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

○○○○○
◎●●●●

2×5(10マス)のスペースあったとします。
○は空き地、◎が自分、●が自分以外の人だとし、ここに石か何かを落としたとき、

人に当たる確率・・・1/2(10マス中の5マスに人がいるから)
そのうち自分に当たる確率・・・1/10(1/2×1/5)

となります。
このニュースの場合、誰かに当たる確率は1/3200、地球の人口は69億人なので、
1/3200×1/69億≒1/22兆

  • 回答者:匿名 (質問から15分後)
  • 2
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

並び替え:

今日中に誰かは死にますしかしあなたはたぶん死なないでしょう。

地球上の誰かとは全人口です。 自分とはその内のたった一人ということです

  • 回答者:秘匿 (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る