すべてのカテゴリ » ニュース・時事 » 政治

質問

終了

保安院によるシンポジウムやらせ指示。
第三者委員会の調査によって職員によるやらせ指示が事実であることが確認されましたが、
今後どうするべきだと思いますか?

「原子力発電に係るシンポジウム等についての第三者調査委員会」中間報告書について
http://www.meti.go.jp/press/2011/08/20110830005/20110830005.html

> (b)保安院による働きかけ等

>  なお、以上の発言・要請に加えて、上記打ち合わせ後に九州電力担当者が作成したメモに「九電関係者の動員、さくら質問等、取り注でお願いす
> る。」と記載されていることに鑑みると、九州電力担当者によってそのように受け取られる内容の発言・要請がA 課長からなされたことも認められる。

>  また、A 課長は、特定の内容の意見を表明することまでは示唆しなかったものの、「書面を読み上げてもいいし、発言要領を用意してもいい。」な
> どと言い、四国電力が発言要領を作成して関係者に発言させることを慫慂する発言を行った。
>  なお、以上の発言・要請に加えて、上記打ち合わせ後に四国電力担当者が作成したメモに、保安院側から「シンポジウムのキーは『動員を確保す
> ること』『会場での賛成派がうまく発言すること』『反対派の怒号をどう抑えるのか』である。」という発言があった旨記載されていることに鑑みる
> と、四国電力担当者によってそのように受け取られる内容の発言・要請がA 課長からなされたことも認められる。

>  浜岡シンポジウムの開催に向けて、中部電力の浜岡シンポジウム担当者が保安院原子力安全広報課を訪問した際、同課の職員は、上記担当者に対
> し、①シンポジウム会場の空席が目立たないよう参加者を集めること、②反対派の質問のみとなることを避けるため、中部電力において質問文案を
> 作成・配布して参加者に質問するよう依頼することなどを要請した。

>  他方、質問文案の作成に関する要請については、中部電力では文案の作成に着手したものの、社内において、「やらせは絶対にだめ。」との意見が
> 出されたため、保安院の上記要請には応じないことになった。しかし、国からの要請であったこともあり、中部電力は、地元住民からの質問や意見
> を募るべく、日頃より付き合いのある10 名程度に対し、地元住民の正直な思いをシンポジウム当日に発言してほしい旨要請した。

  • 質問者:匿名希望
  • 質問日時:2011-09-28 11:43:11
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

保安院は解体ですね。
IAEAと国内での監視をして貰うしかないですが、国内の監視も3つ位の委員会を作ってしないとだめかもしれません。

  • 回答者:匿名希望 (質問から10時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

並び替え:

保安院はすぐに解散すべきでしょう。

ほかに任せるべきです。

  • 回答者:匿名 (質問から6日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

保安院は失くした方が良いです。

  • 回答者:匿名 (質問から11時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

国がやっている事を単に真似ただけのことでは?

干潟などの環境アセスメント

報告書はやる前から決まっているそうです。

後は、いかに権威付けるかどうかだけだそうです。

TV報道していましたよ。

深夜ですが。

この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

保安院は解体して新しく別の機関を2つほど作るべきです。
お互いに監視できるように。

  • 回答者:匿名 (質問から3時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

保安院は全員クビにしてほしい。信用できない!

  • 回答者:匿名 (質問から3時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

保安院を独立させて
内閣におくべきと思いますね。
環境省に置けば、また、省益の為に働いて
癒着が生まれますから。
それと、今の保安院の幹部以上は
使わないことですね。

  • 回答者:匿名 (質問から17分後)
  • 0
この回答の満足度
  
参考になり、満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る