すべてのカテゴリ » 暮らし » 家事・住宅 » 新築・増改築

質問

終了

この蓄電住宅は安いですか。105mじゃちょっと狭いでしょうか。


埼玉の大賀建設、「太陽光発電+蓄電」住宅を低価格で

[2011年10月3日 15時44分 配信].
 注文住宅「アルネットホーム」を手掛ける大賀建設(さいたま市)は10月から、太陽光発電と蓄電池システムを標準装備した住宅「Smart Heart(スマートハート)」の販売を開始した。
 日中は太陽光発電による電気と蓄電池で貯めた電気を家庭内で使用し、余剰電力は売電する仕組み。オール電化の場合だと、料金の安い深夜電力を蓄電に利用することで、年間光熱費をほぼ0円にすることが可能だ(同社試算)。
 停電時には、蓄電池システムが自動で電力を供給する。消費電力が650W以内の家電製品(例=省エネエアコン450W、省エネ冷蔵庫50W、LED照明器具50W、省エネ薄型テレビ100W)であれば、約3時間連続使用できるとしている。
 太陽光発電と蓄電池システムについては、独自の購買ルートを生かし低価格を実現した。延べ床面積105平方メートルの建物で、本体価格1698万円(税込)からの設定だ。
http://www.jutaku-s.com/news/id/0000015960

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2011-10-03 18:20:49
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

延床30坪は、首都圏では普通だよw
木造軸組で坪単価57万なら、少しお高めかなと思うけど、最終的には価格交渉するわけだし、まあまあでしょう。・・・たぶんBasic+の価格なんだろうけど。
ウチは注文住宅だけど、坪単価で計算したら70万以上行ってるw(最大手ハウスメーカー、それでもかなり強引に値引き交渉した)

太陽光パネルで発電した電気を蓄電しない所がよくわかってて良い。
太陽光&オール電化やってる家なら誰もが一度は考えるアイデアで、おいらも車載バッテリー(鉛)使った夜間充電のパソコン用UPSは自作している。昼間は使うより売ったほうがお得だからね。

近くのイオンのテナントで似たような電源ユニット売ってたけど、値段聞いて即断ったw
こういうのって何かとセット(家建てる、または太陽光発電の導入)じゃないと厳しいね。

===補足===
東電の電化上手ですと昼間の買電単価は30円くらい、深夜は10円以下。太陽光発電などの売電単価は45円(毎年変わります。私のときは48円)。使うより売れるなら売っちゃった方が得です。夜間充電も電池に貯める時にロスが発生するけど昼夜で価格差が3倍なので多少のロスがあってもトータルで安くなる・・・と思います。(検証していませんが)

自作するよりは割高になるけど、「家庭用バッテリー充電器」と「車載バッテリー用インバーター」を買えば簡単に出来るよ。但しインバーターは電源低下時の自動カット機能が付いているヤツを買ってね♪鉛蓄電池は一度あげちゃうと簡単には復活しないから。ヤフオクであれば安く手に入るよ。
水素は大丈夫。電池を密閉さえしなければ問題なし。(バッテリーを密閉したら大爆発の危険性アリです)

  • 回答者:匿名 (質問から25分後)
  • 2
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

それほど高くないならお得ですね。

そうか、太陽光電気は、ためるんじゃなくて使うか売るのですね。蓄電は夜に買電してためるのですね。

車載バッテリー(鉛)使った夜間充電に興味あるんです。ただ自作する力が無くて・・・。水素が発生するから危ないとか読んだのであきらめたんです。

並び替え:

安いと思います。

問題は、耐久性と故障時の保証が
どの程度カバーできるかですね。

  • 回答者:匿名 (質問から15時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

安いのではないかと思います。
狭くないでしょう。

  • 回答者:匿名 (質問から11時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

光熱費を考えなくても安いでしょう。
さいたま市も結構都会ですからね、105平米でも家族3~4人での生活は充分ですよ。

  • 回答者:匿名希望 (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

そんなに高くもなさそうですね。

年間光熱費がほぼ0って・・・本当なら、スゴイ。

  • 回答者:匿名 (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る