すべてのカテゴリ » 知識・教養・学問 » 知識・学問 » 芸術・言語・文学

質問

終了

1.「赤の~」と「赤い~」はどう違いますか?
2.また白黒青黄色なども同様にいをつけて表現できますが、緑は「い」がつかないので、もし上記の赤の~と赤い~に表現の違いがあるとすれば、緑の場合はどういう風に表現するのでしょうか?
1と2の両方回答お願いします。

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2011-11-19 21:25:34
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

1「赤の」・・・名詞「赤」+助詞「の」
 「赤い」・・・形容詞「赤い」

2「緑の」「緑色した」などと言えばいいでしょう

  • 回答者:匿名 (質問から13分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

なるほど。
やっと解決しました。目から鱗。
確かに「緑色した」というのはそのまま形容詞的使い方になりますね。
「赤色した」「黄色した」「茶色した」などという使い方はしませんもんね。
「い」がつかない「紫色した」とか「橙色した」とかは使うのに。
うーん、完全に納得です。素晴らしい。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る