すべてのカテゴリ » 知識・教養・学問 » 知識・学問 » その他

質問

終了

TPPってなんんですか?まじわかりませんおしえてください

ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

環太平洋戦略的経済連携協定/Trans-Pacific Partnershipは、EPA(Economic Partnership Agreement)の1つ。
 環太平洋に、例外の無い自由経済圏を築くことを目標としている。

  • 回答者:河童と土蜘蛛の陰陽師の末裔 (質問から5日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

表向き  貿易において障壁をなくしその結果お互いの産業を盛んにしましょう。
はらの中は  とにかく時刻の不利なものについてはそこに障壁を残し有利なものについては障壁をとりさる。そのさじ加減は後ろ盾に軍力があるから。おほほほほ
といったもの。

  • 回答者:匿名 (質問から12時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

別名:環太平洋経済協定、環太平洋連携協定、環太平洋戦略的経済連携協定、環太平洋パートナーシップ、環太平洋パートナーシップ協定、太平洋間戦略経済連携協定、トランス・パシフィック・パートナーシップ
英語:Trans-Pacific Partnership、Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement

2006年にAPEC参加国であるニュージーランド、シンガポール、チリ、ブルネイの4ヵ国が発効させた、貿易自由化を目指す経済的枠組み。

TPPは、加盟国の間で取引される品目に対して関税を撤廃原則的に100パーセント撤廃しようという枠組みである。工業製品や農産品、金融サービスなどをはじめ、全品目について、2015年をめどに関税全廃を実現するべく協議が行われている。

2010年11月の時点で、米国、オーストラリア、ペルー、ベトナム、マレーシアの5ヵ国がTPPへの参加を表明し、次いでコロンビアやカナダも参加の意向を表明している。

それまで日本はTPPに対する姿勢を明らかにしていなかったが、2010年10月に開かれた「新成長戦略実現会議」で、菅直人内閣総理大臣(当時)がTPPへの参加検討を表明した。しかし、TPPは国内の農業・漁業をはじめ、あらゆる産業に対して大きな影響を及ぼす協定であり、参加に反発する声や、参加を急がず慎重を期するべきとの声も多数上っている。

http://www.weblio.jp/content/TPP

  • 回答者:匿名 (質問から9時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

TPPは貿易協定を多国間で同時に行うものです、ただ問題は物理的な物だけでなく、サービス業も貿易の対象で、しかも、アメリカの投資家が相手国の法律に不公平だと損害賠償を出来るISD条項があると言う事です、これはアメリカにある国際裁判所で(ほとんどアメリカ人)アメリカの投資に対して相手国の法律が不公平かどうかだけを争う裁判で、負ければ相手国政府に莫大な買書金が請求されるとと言うものです)

  • 回答者:匿名 (質問から9時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

国は、国内産業を守るために海外から入ってくる物に関税を掛けているんです。
海外から国内の物より安くて良い物が入ってきたら、日本の企業は大変ですよね。

そして、TPPは参加している国の間で、「その関税を撤廃しよう!」と言う協定です。

日本のメリットは、車や電化製品を輸出する時に、関税が掛からないので今以上に輸出量が増えますよね。

デメリットは、安い農産物が外国からたくさん入って来るので日本の農業が衰退してしまうのではないか?と心配されています。

この回答の満足度
  

環太平洋戦略的経済連携協定(Trans-Pacific Partnership)の略です。
環太平洋に、従来より大規模で例外のない自由経済圏を築くことを目標としています。
シンガポール、チリ、ニュージーランド、アメリカ、オーストラリア、日本などで話し合っています。


参考にならなかったら、すいません。

この回答の満足度
  

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る