すべてのカテゴリ » 美容・健康 » 健康管理 » 病気・症状

質問

終了

うつ病になって2か月、休職中、女26歳です。精神科通院中。
当サイトに送られたゆいさんの文を見て、性格や症状が似すぎて驚きました。

私も周りから「明るく元気、前向き、ポジティブ」と言われ、仕事に遊びに暇のない日常を過ごしていました。忙しそうに見られても、私のなかでは充実していました。
営業の仕事は順調に進んでいたのですが、今年の夏頃から成果を出せなくなりました。今までと特に変えたことはなかったのですが、
できない自分に嫌気がさし、自分を責めました。

ある日仕事にどうしても行けないだるさと恐怖に襲われ病院に行きました。
うつと診断され、休養することになりました。
当時は休むことすら罪悪感がありました。

今までにできなかったこと→テレビやドラマを見る、映画を観る、散歩する、読書する、温泉に行く、よく寝る、ぼーっとする…
などしてきました。

ちょっとずつ良くなって仕事の復帰を希望したものの、
周りから見ても気分の波が激しく、復帰はまだできそうにありませんでした。

元気だったころとのギャップが激しくショックです。
イライラすることが増えました。毎年大好きなクリスマスのイルミネーションも、見ると寂しすぎて泣けます。かなり涙もろい状態です。
先が見えなくなってきて不安です。
前回の薬で吐き気がひどかったので最近レメロンという薬に変わりました。焦らないでとは言われますが、友達はみんな結婚したり、幸せムードの子が多く、取り残された感じです。

まわりには同じ病気の人はいないので、同じ悩みを抱えている人の考えや、どうしたら回復できるかを教えていただきたいです。

  • 質問者:コペン
  • 質問日時:2011-12-08 18:59:46
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

夢こそが人生最大のエネルギーになる。
病院にいくよりも夢をもてばいい。
人は人、自分は自分と考えられない人は不幸だよ。

  • 回答者:匿名 (質問から2日後)
  • 0
この回答の満足度
  
回答ありがとうございました。

私は42歳男です。私も彼方と同じ病気なので凄く環境とか気分の抑揚とかそういう事はすごくよくわかるし、あなたが不安な気持ちなのと一緒で私も凄く不安でそういう状況と今付き合って苦労されてるのは、自分の事のように判ります。
でもよく考えて欲しいのは不安な状態なのも自分、気分がいいときも自分なんですよね。
僕も今の状態(考え方)を変える為にいろんな努力をしました
自分を押し殺す訓練とか、今やってるのは少し気分が楽になるので是非にやって見られるのは如何ですか。今の気分の落ち込んだ状態を紙に書いてみるのは如何でしょう
それを精神科の先生とか臨床心理士に見てもらうという作業。少し大変な作業かもしれないけれど
気分が紛れるので是非にお勧めです
書くのにもポイントがあって今問題に思っている事、それについてあなたが今何を思っているか(思考)あなたが発想した自動思考、気分(どんな感情)身体(体の反応)行動(何をしたくなった)
というのを分けて考える。そしてあなたの今の思考と今の感情を書いてみる
それに対して自分は本当はどうするべきだったのか(適切な思考)適切な思考をすると
どうさっきの思考と感情と行動が変わるのか冷静に分析できると思います。 今私症候性てんかんで
2級の認定をもらいながら、今あなたと同じ病気(似てる)で苦しんでいます
はっきりそういう病気でない人のレビューとかアドバイスより同じ病気の人(悪気はないが)方が信憑性があると思いませんか、私も周りは働き盛りで頑張っているのに私だけこんな事やっててもいいのかなあ~的な気分になるときは、最近はすごくありますが、何も出来ないし何もやってない、自分がもどかしい気分になる事はあります。 一度試してみればと思います

===補足===
病気が良くなるといいですね。昨日紹介したのはSSTといって生活技能訓練の一種です でも自分が冷静になった時にあの時本当はどうするべきだったのか、客観的に見る事が出来るので是非お勧めです
お互いに病気をなおして社会復帰出来るといいですね

この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

同じようなお気持ちなんですね!同調していただけるだけでもなんだか心が落ち着きます(:_;)
普段、短気で何事にも熱いとよく言われます。冷静な判断力が欲しいです。書くことで冷静に自分を見つめてみます。お互い良くなりますように!(^^)!ありがとうございました!

同じく鬱病を抱え、休職→復帰した者です。

取り残された感じになるのは分かりますが、まずは「焦らない」ことが絶対に大事です。
長い人生、多少立ち止まったとしてもすぐに取り戻せます。
ゆっくり休める数少ないチャンスだと思って、割り切って思いっきり休んで下さい。

特に鬱病は、発症した時が一番辛い時期なので。

焦らない自分に納得が出来たら、次に小さい目標を立てましょう。なんでもいいです。
僕の場合は、今までずっと抜いていた朝食を毎日とることにしました。

休職中は家に籠もることが多く、持病の腰痛も悪化してきたので、毎朝決めた時間に起きて整骨院に通う事も始めました。

そんな感じで少しずつ生活リズムを作っていき、まずは不定期出社&労働時間の短縮から始めていき、次に1時間しか働かなくてもいいから毎日出社することを目標にしました。

毎日通えるようになったら、今度は一日○時間、それが出来るようになったら●時間というように身体と気持ちを整えて行き、今ではフルタイムで働けるまで復帰できました。

それどころか、目標を作る→クリア→さらに高い目標を作る、といったポジティブな発想が以前よりも強くなり、モチベーションの自己管理まで出来るようになりました。

一度骨折した場所は、回復時には強くなっているのと同じ感じ(?)ですかね。

鬱病は近年、昔と違い医学的根拠に基づいた立派な「病気」です。
「病気」は必ず「治ります」。

あきらめない、焦らない、自分のペースを改めて作り直す、それだけでも復調に近づくと思います。

今でも精神科通いは続けていますが、なんとかやっていけてます。

がんばれ!とは言いません。同じ病気を抱える同士、「一緒に治しましょう」ね!

この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

すごいですね(>_<)前に進んでいるのがとても伝わってきます!
私の勤める会社はフルタイムでしか復帰できなく、不満です…
あきらめない、焦らない、自分のペースを改めて作り直す、をテーマにしてまず食事や睡眠の生活リズムの見直しからやってみます☆ありがとうございました!!

そんなに思い込まなくて大丈夫ですよ女性の10人に1人は欝だとも言われています、貴方が回りからそう見えないと思わたのと同じく、欝なのに気づいていいない人も回りにいるかも知れませんし、結婚をきっかけに欝になる人、出産をきっかけに欝になる人もいます、と書いている私も欝なのかもしれません。
事故で片足の骨がだめになり、ここ2年くらい足の痛みと頭痛で毎日朝昼頭痛薬に夜は鎮痛剤を飲まないと眠れないし8時にベッドに入り朝の5時まで寝られないとかしょっちゅうだし、夜中に痛で目を覚ます、し万年下痢だし、本を開けば2~3ページで、疲れてしまうし、人の名前は全然覚えられないし、気晴らしにスポーツと言っても2痛みで00m位しか歩けないので何も出来ないし、整形外科以外に内科や眼科の病院行っても特に問題ないと言われるたので、神経内科でも行こうかなと思っています。
立っているのも足が痛くなるし、30分ぐらい座っているのも足が痛くなるので車も30分程度しか乗れないし、おまけに寝返りは痛いので出来ない、いやー、できそうで何も出来ないのって辛いですね、でもこのままでは行けないので、国家試験受けたり(全然勉強できないのがつらいですが)、ボランティアに参加してできることをしようと思っています、メル友でも構わないので、お話できる異性を見つける事です、自分を可哀想と思い揉み出したらきりがありません、私だって現在そンナに良い状態では無いです、数年後には腰の関節を人工物に置き換える手術がありますが、寝たきりで自分で何もできない人から見れば200mも歩けるし、車で買い物にもいけるし、と言うささやかながら楽しみはあります。
心の病には犬などの動物も良いと言われています、他にも、楽器を演奏するとか、絵を描くとか、あまり時間観念が無いものをやるのが良いですよ、そしてよく焦らないでと言う人が多いですが、焦っても良いのですよ、それがたまになら、何の問題も無いです、ただし、時間観念が必要のないことを多くすることです、夢中で絵や楽器が出来るようになれば、同世代の女の子の事などそれほど考え無くなります。
また、取り残されたといいますが、はたして取り残されたのでしょうか?、結婚してすぐ離婚したらショックは大きいですし幸せでは無いです、単に貴方の相手が見つかって居ないだけで、女に磨きをかけて、ピピピと言う出会いを待っているだけなんですよ。

  • 回答者:匿名 (質問から8時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

これだけたくさんの時間があると嫌なことばかりを考え苦しみましたが、逆に時間を気にせず夢中に何かに没頭できるといいなと思いました☆
この文を読み、心が少し穏やかになった気がします(*^_^*)
柴犬と戯れたいです!!(^^
ありがとうございました!!

焦らないこと。周りと自分を比べないことです。
そうは言っても難しいでしようけれどね。

向き不向きはありますが、
良かった日記。ほんの小さなこと。今日は天気がよくてよかった!みたいなものをつけてみる。
またはいっそいやなこと日記。毎日のうっぷんを吐き出してみる。
どちらも書き方の本が発売されてます。


掃除をする。鍋や廊下を磨いていると気持ちがすっきりしてきますよ。
私はうつ傾向ぐらいですが、気分が沈む時はそれが効きます。
「ガラクタ捨てれば自分が見える」という本が良かったです。
一般的には「断捨離」が流行ですので、それもいいかな。
この辺は多分相性の違いなので。

  • 回答者:匿名 (質問から7時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

すぐにできることですね!日記、やってみます。
掃除ですっきりなら一石二鳥ですね☆
ありがとうございました!

風邪をひき 熱が出たことはありませんか?

だれだって 風邪ひきます。

その時どうしますか、マラソンをする、寒風マッサージする

直りますか? もちろん例外(逆療法)の人はいるかもしれない

でも 普通は おかゆとかなんか食べて 薬飲んで寝る。

今は 合う薬を飲んで、夜は寝る 今の状態でよいと思います。

サークル等ありますが、自己分析されているので、

他と比べることは無いと思います。

  • 回答者:う~と (質問から3時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
参考になりました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

わかりやすい例えです!確かに…
自分の人生のほんのちょっとの休憩と思ってみます。
ありがとうございました。

うつ病は必ず治りますが、治療法によって期間が異なると思います。
薬はその人に合えば回復も早いこともありますが、対処療法なので一般的には数年かかることが大半です。
うつ病の原因となっている心理的な問題を解決することは一番の早道です。
コペンさんの原因は仕事のことだけでなくそれまでの人間関係からくるストレスも起因しているかもしれませんね。
心理的な問題を解決する手法は色々とあると思いますが、早くて効果的なのはTFT(思考場療法)です。
うつ病の改善法について詳しいことはホームページをご覧ください。
     ↓
http://373enjoy.web.fc2.com/

この回答の満足度
  
参考になり、満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

ズバリその通りです(>_<)原因は仕事のほか恋愛も友達関係も思い当ります。うつの状態でそれらの問題を解決させることに私なりにパワーがいるので逃げていました。TFT調べてみます!ありがとうございました!

26歳、まだまだ全然若いじゃないですか。私も適応障害という病気で心療内科に通院中です。現在、42歳。子供も2人います。去年の春、発病して今は大分良くなってきましたが、
それでも、なにかあると今も憂鬱で辛い気分になります。とにかく、焦らないことです。したい事が出来るということは症状としては、まだ軽い方なんじゃないでしょうか?私の場合は今まで楽しかった事も苦痛に感じて出来ませんでした。病気になったのは、あなたの責任ではないんですよ。ゆっくり休んで、少しづつ回復するのを待ちましょう。お互い、いつか治ると信じて。

  • 回答者:kaz (質問から56分後)
  • 1
この回答の満足度
  
参考になりました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

そうなんですね!焦りはいけないですね(ー_ー)!!少しづつできることを増やしていきます。助けられました、ありがとうございます。

そういうことをお医者さんに話してそれに対応できる
お薬を出してもらいうまく付き合っていく方法を探すのが
今できることだと思います。
周りは周り、自分は自分と思ってやっていくしかないです。
お医者さんと長く話せないのであればカウンセリングなどを
うけるのも一つの方法かと思います。

  • 回答者:匿名希望 (質問から55分後)
  • 0
この回答の満足度
  
参考になりました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

ありがとうございました!今の病院はカウンセリングが長くできないので、他もあたってみたいと思います。

医師の指示にしたがって、ゆっくり回復していくしかありません。
あなたは悪くないのですから、いちいち罪悪感感じる必要などありません。

  • 回答者:匿名 (質問から22分後)
  • 0
この回答の満足度
  
回答ありがとうございました。
お礼コメント

はい、ありがとうございます!自分を責めないようにします(>_<)

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る