すべてのカテゴリ » ニュース・時事 » 地震・災害

質問

終了

アメリカはなっぜ日本と戦争をしたのですか。

===補足===
表層的なことではなく、真の意図を教えてください。

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2011-12-19 00:41:40
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

日本は大東亜戦争の前、ロシアや中国と戦争し、これに勝利しました。

有色人種があまりに巨大な力を持つことに恐れを感じたアングロサクソン系(アメリカ)は、戦争を起こす前から日本に対し、経済的な封鎖を行っていました(ABCD包囲網)。
さらに「ハル・ノート」の存在。

要はアメリカは、日本が戦争に踏み切らなければならない状態を作っていたのです。
当時のアメリカ合衆国大統領、ルーズベルトは通称「戦争屋」と呼ばれていました。

実際、当時アメリカ国内の世論は「戦争排除」の動きが強く、合衆国政府としては相手国からの宣戦布告を受けなければ世論を味方に出来なかったのです。

日本側はなんとか戦争を回避しようと、外向的に幾度もアメリカとの交渉を望みましたが、アメリカはこれを全て拒否、さらに日本側が最大譲歩した提案(通称乙案)ですら受け付ける事はしませんでした。

真珠湾攻撃は、宣戦布告も無く行われた強襲作戦だと言われていますが、実は真珠湾攻撃前日に、日本政府は在米日本大使館に「戦線布告の旨」を伝えていました。

この在米日本大使館側の手違いにより、この宣戦布告文書がアメリカ側に渡ったのが真珠湾後だったというのが真相のようです。

ただアメリカ側は日本の暗号通信を解読しており、真珠湾攻撃の日時まで把握していました。
実際、攻撃が行われた真珠湾には、現役の空母や巡洋艦はすでに待避しており、退役間近の艦や兵器類などが、「わざと」残されていたようです。

ルーズベルトからすれば、言葉は悪いですが「してやったりの計画通り」に事が進みました。
自らの手を汚さず、「リメンバー・パールハーバー」を大々的に国内で宣伝し、世論を味方に付けることに成功しました。

こうして日本は「望まない戦争」に突入しました。アメリカのシナリオ通りに。

ただ日本はこうも考えました。大国アメリカを筆頭とする白色人種に対抗する為には、アジア統一圏の構築が必要だと。これが俗に言う、「大東和共栄圏」の原則となります。

日本は戦争で破れはしましたが、その後、「黄色人種が白色人種に立ち向かった」という事実が功を奏し、植民地支配を受けていたインドネシアやアジア圏に存在する幾つかの地域が、独立国家として生まれて行きました。

アジア圏の一部地域で、親日国が多いのはその為です。

上記に記載した文章は、原則、「公的文書」に記されたものを僕なりに纏めたものです。

難しい言葉がならんでいますが、戦争に行って散っていった多くの先人に礼を尽くすため、少しでも勉強頂ければ幸いです。

戦争は外交の手段の一つであり、そこに善も悪も無いのです。ただ一つ、間違いなく言えることは、僕らが今生きているのは、その先人達が命をかけて作り上げた礎の上に立てているからだと言うことだけは忘れないで下さいね。

この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

並び替え:

日本を潰してアジアに勢力を作ろうとしたからです。

  • 回答者:ユニコーン (質問から7日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

中国を奪おうとした日本のやり方に、アメリカは快く思っていなかった。
国際連盟にて、日本への非難が高まり、日本はドイツやイタリアと手を結んだ。
ロシアとの協定により勝利した日本を放置すれば勢いに乗ってしまうと考えた、
アメリカは、もはや黙っていられなくなった。
そして、日本とアメリカは、中国への対応で対立し始めた。
そこへ、日本が無謀にもアメリカの真珠湾を攻撃したため、
完全にアメリカが日本に戦争による武力で決着させることにした。
更に、開発していた核兵器を日本で試す口実もアメリカは得られ、核兵器を日本に落とした。
これからは、アメリカが中心の世界になるぞと言う、世界へのメッセージもアメリカは伝えたかった。

  • 回答者:匿名 (質問から6日後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

調子に乗って中国を侵略したからです。

  • 回答者:匿名 (質問から4日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

日本をたたけば中国の市場を独占できると
考えたのでしょう。

背景にはもちろん
人種差別があったでしょう。

直接的な原因は日本の真珠湾攻撃ですが、
ハルノートを突きつけて
日本が戦争をせざるを得ない状態に追い込んだのです。

アメリカの外交の勝利と言えるでしょう。

日本に奇襲攻撃をさせる事により、
アメリカは「侵略者への報復」という大義名分を手に入れました。

もちろん根本的な戦争原因には、
アメリカ企業の市場拡大と
戦争による軍需産業の利益があったはずです。

  • 回答者:匿名 (質問から3日後)
  • 3
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

一言でいえば、
アジア諸国を欧米諸国から植民地解放させるためです。
日本やドイツは、世界を掌握しようなんて思っていなかったはず。
アメリカ、イギリス、オランダ、ロシアに経済封鎖をされて、追い詰められて、意地見せたんです。

この動画を見てください↓。
アジア諸国の中には日本を嫌う国もあるでしょうけど、日本精神を崇拝する国もあるのです。日本は「日いづる国」と言われています。それは、「日付変更線に近い国」ではありません。「世界に夜明けもたらす国」なのです。

http://www.youtube.com/watch?v=yxP3JKupCAY&feature=related

  • 回答者:2027 (質問から3日後)
  • 0
この回答の満足度
  
参考になり、満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

アメリカ自らが、アジア諸国を植民地解放させようとしていたとは思えないのですが。

出る杭を打っておくためでしょ。

  • 回答者:匿名 (質問から1日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

日本が仕掛けたからです。

  • 回答者:匿名 (質問から22時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
やや参考になりました。回答ありがとうございました。

「アメリカは」ではなく「連合国は」でしょう。
アメリカが日本と戦争したのは真珠湾を攻撃されたからです。

===補足===
一国では国を追い詰めることはできません。他国との協力が必要です。
日本を追い詰めたのはABCD包囲網であって、アメリカ一国ではないです。
故に真珠湾攻撃がアメリカの作戦だったということは誤った理解だと思います。

「攻撃を知っていてあえて事前に防がなかった」というのは一般的な認識ではなく
やはり奇襲攻撃というのが一般的な歴史理解でしょう。
例えABCD包囲網で追い詰めれば日本が連合国に対して戦争を仕掛けることが予想できていたとしてもです。

連合国がつるんで日本に圧力をかけていたのは事実ですが、
国際連盟を脱退し、ファシズム国と軍事同盟を結んだのも日本です。

  • 回答者:匿名希望 (質問から18時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
参考になり、満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

真珠湾攻撃させることが、アメリカの作戦だったというか、攻撃を知っていてあえて事前に防がず開戦の口実としたのはなぜか!?

「攻撃を知っていてあえて事前に防がなかった」というのは一般的な認識かどうかが重要ではなく、真実が重要どす。

日本の力をほおって置けなくなったからです。日本が大陸に進出することにより弱点である資源がないということ阻止しなくてはならないということから 戦争に入らざるおえない状況をつくられました。

  • 回答者:匿名 (質問から17時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

ロシアやヨーロッパが領土や利権を拡大していくのを見て焦ったから、戦争に参加する口実が欲しかった・・・ってのが一般的だと思いますが、

単に、黄色い奴らが力をつけていくのが面白くなかったからってのが本音なような気がします。

  • 回答者:初戦挑戦 (質問から15時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

日本を事実上の植民地にして、アジアに大きな基地が欲しかったんでしょうね。

  • 回答者:そうなった (質問から9時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

日本海軍にハワイ真珠湾を攻撃されたからです。

===補足===
「させた」という客観的な証拠があるのでしょうか?ぜひ教えてください。

  • 回答者:216 (質問から6時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

なぜ攻撃させたのか、という質問です。

暗号解読済みだった。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る