すべてのカテゴリ » ニュース・時事 » 経済

質問

終了

金総書記死去をうけ、韓国ウォンが米ドルに対して急落しているようですが、どのあたりまでいくでしょう?

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2011-12-19 13:56:09
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

もう12月も3週目。欧米バイヤーは今年度の〆をした人が殆どですので、大きな流れにはならないですよ。
所謂「クリスマス相場」ってヤツです。
但し、そのため流動性が低くなっていますから、投機筋が暴れるのにいい環境ですね。
ボラティリティは急騰するでしょうが、基本「往って来い」だと思います。

まあ、もう一段バッドなNewsが出ればわかりませんが。
ただ、Newsが出た時には終わってるのが相場ですからねえ・・・

  • 回答者:とくめい (質問から2時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

並び替え:

もっともっと安くなりますよ。

市場でもまだ様子見です。

葬儀が終わり、喪に服す期間が過ぎれば、いろいろと動きが出てくるはず。
そうなれば、ウォン高になれる要素がまるでない。

  • 回答者:2027 (質問から2日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

国のトップが死んでの影響は、一時的なものだと思います。すぐ元に戻るのでは。

  • 回答者:匿名 (質問から21時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

一時的なものですぐに落ち着くと思いますよ。

  • 回答者:匿名 (質問から9時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

東京市場はあまり動かなそうです
欧州そしてNYの市場が開いてどのように反応するかが気になるところですが
大きな波とはならない気がします
北朝鮮問題はアメリカ、世界にとって共通の問題ではなくアジア、特に日韓中露間での懸念事項ですから、中東でのテロなどに比べると材料としては弱い
そしてクリスマスが近いこともありますから、市場が閑散となるその期日に海外トレーダーは余計なポジションをつくらないでしょう、欧米人にとって大事な日なのでしょうから
私には関係ないですけど、クリスマスなど。

  • 回答者:匿名希望 (質問から56分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

南北間での緊張状態が続きそうですが、
個人的にはあと1週間もすれば元に戻ると思います。

円の動きも確かに有りましたが、一時的なものと思われます。

  • 回答者:・・・・・・ (質問から17分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る