すべてのカテゴリ » 知識・教養・学問 » 知識・学問 » 数学・サイエンス

質問

終了

物体と物体の間には距離とか長さがありますが、いつかはその長さがゼロになって、接触するんですよねぇ。長さがなくなる事は矛盾になりますが、理論的にこれを理解したいです。理系でなくても解る様に、易しめで教えてください。

===補足===
矢を放って、的に当たる。
当たるまで、ずっと距離があるはずなのに、
いつか当たることを理解したいんです。
説明わるいかなぁ?

  • 質問者:みらんみらん
  • 質問日時:2011-12-24 16:41:22
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

http://jikosoft.com/cae/sample_ana03.html
こうなります。
なんてかえって判らないですかね。

  • 回答者:匿名 (質問から7日後)
  • 0
この回答の満足度
  

ゼノンのパラドックスの「飛んでいる矢は止まっている」ですね。

  • 回答者:匿名 (質問から40分後)
  • 0
この回答の満足度
  
回答ありがとうございました。
お礼コメント

それなんでしょうか???
0.00001とか、私レベルだと距離って無限にあるのに、
接触した時点でゼロになってるから、「なんで??」ってことです。

ご質問者様・・・
>物体と物体の間には距離とか長さがありますが、いつかはその長さがゼロになって、接触するんですよねぇ。

このことが今いちよく理解できません。
物質間でだんだんと離れていくものもあります。

例えば宇宙空間で物を投げれば、それは自分からは「離れていく」ということになります。

補足でもかまいませんので、あなたが何を言わんとしているのかを追加してください。

===補足===
>理系でないように、噛み砕いてご説明しますと…

矢は放たれて的までの距離を進みます
的は、矢を放ったとき、その場所から動かなければ、
矢は的に向かって、その速度分距離が縮まります。

そして、矢が的に向かって進んだことに矛盾はありません。

なぜなら、矢と的の距離が縮まる=矢とあなたとの距離が離れます。
よって、あなたが矢を放ったあと動かなければ、
あなたと矢の距離は変わらないということです。

この回答の満足度
  
参考になりました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

ありがとうございます。
考えもしなかった切り口でした。
勉強になりました。
しかし、実際に知りたいのは、「ゼロの寸前の距離があるはずなのに・・・」というところです。
Sooka!さん、解決してもらえますか?

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る