すべてのカテゴリ » マネー » 保険・税金・年金 » 保険

質問

終了

保険は30歳までに入らないとかなり不利でしょうか?現在母の知り合いに第一生命の順風ライフをすすめられています。
本当は自分でいろいろ調べてから加入したかったのですが、今年の秋に30歳になるため
「どこの保険会社も30歳を過ぎると保険に入るための手続きが面倒になり、保険料も高くなるよ?」と言われました。
月額6,500円程度なので、入っておいてもいい気がするのですが本当はいろいろ自分で勉強してから決めたいのです。
でも30歳から保険料が高くなるのも嫌で・・・
①とりあえずは加入しておいて勉強していいのがあればすぐに解約して乗り換える

②30歳から高くなるのは嘘なのできちんと調べてから30歳から加入する

③順風ライフはいい保険なのでそのままはいる

どれにしたらいいのか、わかりません。
保険は個人によってあっているかどうか違うとのことですが予備知識もないので自分に合っている保険自体探すのが難しそうです。29歳女性で毎月の保険料6500円は安い方なのでしょうか?
どなたかアドバイスをください。

  • 質問者:セールスまん
  • 質問日時:2012-01-19 02:39:02
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

必要になる前に・・・

自動車保険ですが追突され・・・

数年前に色々経験から特約を追加いました。
それでも、悲惨ですがしていなければ・・・

この回答の満足度
  

保険比較会社での相談がいいと思います。

  • 回答者:匿名 (質問から21時間後)
  • 1
この回答の満足度
  

②30歳から高くなるのは嘘なのできちんと調べてから30歳から加入する
っつうか、いきなり30歳から保険料が上がるって言うのは無いとは言わないですけど、保険料が上がるのは貯蓄型のモノかもしれませんね。
保険に入る為の手続きが面倒になる事は年齢には関係ないですよ。
そりゃあ個人年金に近い商品ならば、保険料が上がりますけど、それは1歳ごとに上がるもんで、29歳と30歳の違いはほとんどないですねぇ、保険会社でちゃんと1歳ずつちょっとずつ保険料が上がる計算をしています。

まず家族がいるのか、この場合は婿と子供って言う事ですが、嫁の場合は家計を支えている人ならば、話は違うけど、必要最低限の入院費をまかなう事が出来れば、余計な特約はいらないです。
どこまで特約をつけるかで、保険料が大きく変わってくるんですよ。
そして嫁(女性)の場合は婦人科系の病気の特約って言うのもありますからねぇ。
29歳女性って言うと29歳と6ヶ月目までは29歳の計算で、29歳7カ月~30歳6カ月目だったかな、この年齢と月数だと30歳の計算をするんですよ。
秋で30歳って言う事は多分29歳と6カ月未満だから29歳の計算をしているんでしょうね。
どんな特約を付けているのかわからないですが、安いとは言えない金額だけど、高い訳でもないでしょう。
貯蓄の目的でするのか、必要最低限の保険でいいのよと思うか、あるいは万が一の為にあれこれ特約をつけるのか、その人の考え次第なんですけど、それに家族が増えたら、また保険を見直すのかって言う事でしょうね。
解約についてですが、今までの保険を生かして乗り換えるって言う方法もあるんですけど、生命保険って最低3年は加入していないと万が一生命保険を解約しても損になるんですよ。
丸4年保険に加入していれば、解約しても払った分の金額は戻ってきます。
なので、取りあえず入るのならば、最低丸3年は保険料を払って下さい。
他社の保険商品も検討した方がいいですよ。
まずは自分の将来をどう考えているのかですよね、自分が将来大黒柱になる可能性があれば、死亡保険金がある程度欲しいだろうし、将来大黒柱になるかならないかわからないって言うなら、必要最低限の保険で構わないと思いますよ。
そして大黒柱になった時に他の保険商品に乗り換えるって言う方法もありますからね。
これは日本生命のケースです。
余り参考にならなかったらスイマセン。

  • 回答者:元日本生命 (質問から18時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

②に近いですね。
第一生命さん、10年ごとに保険料が上がる(多くなる)タイプが多いので、お気をつけ遊ばせ。

  • 回答者:何歳からでも (質問から12時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

若く保険に入っても、ほとんど人は子献金を払っているだけです。こんないいお客さんをどう取り込むか必死なのが保険会社です。
そう考えるとわかるように、確かに若い年齢で入ると色々得な気もしますが、単純に余分なお金を払っているばかりでもあります。
重要な事は、保険に入る目的です。何かあったとき保障が必要なのか、それはどんな可能性なのか、どのくらいの保障が必要なのかそう言う基本的な視点を持たずにセールストークに引きずられるのはカモに過ぎません。

それから、その保険のことは知りませんが、30歳から高くなるのは本当ですが、それは毎年のことです。大げさに言うのがセールの言い方です。

  • 回答者:匿名 (質問から11時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

②です。
しっかり調べていいと思った保険に入るべきだと思います。
貯蓄型にするか掛け捨てにするかでも変わってきます。

  • 回答者:匿名 (質問から11時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

保険は貯金と思って入るのは損をしますよ。やはり定期が一番ですし掛け金も安いです。
一月5000円です。57歳男

  • 回答者:匿名 (質問から7時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

解約して乗り換えるのが一番損をします。
だからしっかり調べてから自分のニーズに合った保険に入るべきです。
6500円は内容によっては安い金額だと思いますが
定期部分だけの保障があつく終身が少ない場合が多いです。

  • 回答者:匿名 (質問から7時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

年齢だけでは何とも言えません。
どんなに若くても、持病、今までの病歴によって不利になることはあります。

  • 回答者:匿名 (質問から6時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

生保レディーにはえらい目にあいました。
生保レディーは詐欺ぎりぎりのトークをしますよ。
言いなりになってはいけません。
最初の回答者さんの解説でおわかりになったかと思いますが。
自分で調べて入りましょう。

  • 回答者:匿名 (質問から3時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

保険料は1歳ごとに値段が上がっていくので、30歳になったからといって急に上がるものではありません。まして手続きが面倒になるということはないです。扶養家族がいないなら生命保険は不要、健康面での保障が欲しいなら医療保険に入るのがいいと思います。

また、生命保険であれ、医療保険であれ、保険を選ぶときには、複数の保険会社から見積もりをもらって比較し、一番自分のニーズにあったところに入るのが一番です。最近は資料請求や見積もりが一括でできるサイトも多いので、サイトで一括請求したらいかがでしょうか?

ところで、順風ライフは「定期付き終身保険」らしいですね。定期付き終身保険は死亡時の保障を手厚くしたい、扶養家族がいる人向けの保険です。定期部分の保険金の保障は10年更新で10年更新ごとに保険料がどーんとアップします。下のサイトで順風ライフの批評が載っていました。
http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/7512.htm

毎月の保険料は死亡保険がいくら、定期部分の保障がいくらで、何の特約に入っているかで決まりますから、6,500円が高いか安いかはわかりません。別の生命保険会社の見積もりをみれば高いか安いかわかると思います。一般にネット専業保険会社は保険料が安いようです。

===補足===
なお、保険に入るのに不利になるのは、大きな病気をしたとき、持病があるとき、定期的に病院に通っているとき、などです。

  • 回答者:とくめいきぼう (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る