すべてのカテゴリ » マネー » 保険・税金・年金 » 税金・公的手当

質問

終了

昨日、親しい友人から突然、自殺でも生命保険は支払われるのかなと聞かれビックリしてどうしたのか聞くと引き継いだ会社に滞納がある事を知らずに引き継いでしまい頑張って払ってきたが今年の分納分の納税支払所を貰いに行ったがいつまで払うのか待てない早く完納しろと徴収官に攻め立てられたそうです。本税、延滞税、加算税で5000万円くらいだったようですが残りは延滞税、加算税で700万円位だそうですが自殺を考えるほどの徴収はどうなのでしょうか。通帳の差し押さえなどいろいろな差し押さえなど例に挙げて脅されたようです。過度の取り立て脅しともとれる物言いは徴収官だからと言って許されるのでしょうか。

  • 質問者:marimo
  • 質問日時:2012-01-27 08:50:19
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

無料の法律相談ありますよ、早く連絡してみて下さい。
自殺で解決する事なんて一つもありません。

  • 回答者:なぎ (質問から6日後)
  • 1
この回答の満足度
  

ゆるされないですね。
現実そうなんですね。
自殺者がずっと3万人続くわけです。
本当に卑劣です。
無料の弁護士窓口で相談してみるしかないですかね。
私も障碍者年金のことで最近自殺願望が高まってるのを
どうにか抑えています。

  • 回答者:匿名 (質問から16時間後)
  • 1
この回答の満足度
  

自殺でも生命保険は一年以上経っていれば支払われるものがあります。
(私なら「法テラス」に予約してその人を連れて行きます)

この回答の満足度
  

ひどい話ですね・・
よくしっている弁護士さんに相談したほうがいいです

  • 回答者:匿名 (質問から6時間後)
  • 1
この回答の満足度
  

倒産すれば良いだけでは、倒産すれば、会社は法的には個人としての人格ですから、会社の自己破産ということになります。mた同時にその社長も自己破産を行えば良く、しかも損失の原因がその社長でなく、又金額も5千万の税金ですから、ほぼ問題なく自己破産は通ると思います。m他裁判では最低の生活に必要なぶんは保証されるので、不動産は無くなりますが、車の年式が古く活が殆ど無いとなれば、車などの動産を競売にかけない場合もあります。まずは弁護士にそうだんするか、お金が無いなら、日本弁護士会に相談すれば、一定の裁判費用は借りられます、もしくは大変ですが自分で裁判所に破産申請の手続きをするかです、まあ個人は別として、会社の方は弁護士に依頼しないと大変かもしれません、と言うのは申請時に漏れがあった場合、漏れたものは、破産対象外となる可能性があるからです。
日本弁護士会
http://www.nichibenren.or.jp/

  • 回答者:匿名 (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

警察に相談した方がいいのでは。

  • 回答者:匿名 (質問から43分後)
  • 0
この回答の満足度
  

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る