すべてのカテゴリ » 暮らし » その他

質問

終了

なぜ日本では温泉に水着で入っていけないのですか?

外国で裸で入る国がありますか?

===補足===
衛生上の問題といっても、具体的にどこがどう問題なんでしょうか?
水着は汚れていないし、プールではぜんぜん問題ないですよね。

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2012-02-09 21:23:19
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

海外特に欧米の温泉は温泉治療施設ですから、男女混浴が、普通となれば、水着を着るのは当然となるでしょう。
また日本の温泉は硫黄泉や高温の温泉もあるので水着のせいでやけどをしないとも限りません。裸の方が温度に関する感覚が敏感なのとお湯から上がればすぐ温度が下がりますが、水着を着ていると水着に高温のお湯がしみているのですぐには下がりません(大切場部分やけどという可能性もあるのです)
海外では高温のお湯に入るという習性が無いので、この点は問題がないです。
どうしても入りたかったら温水プールに行けば良いのではないでしょうか、その国やその土地のマナーどうしてとか、何が問題かと言う事ではありません、例えば、イスラム教のモスクに女性観光客が入ったら大変な事になります、ただの観光だから良いのではないかと言う問題ではなく髪を冒とくしたとして最悪殺害されないとも限りません。
マナーと言うものは理屈ではないのです、古くからの約束事なのでどうして?はタブーなのです。

  • 回答者:匿名 (質問から37分後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

並び替え:

きたないからでしょうね。水着で入るということはあそこ良く洗わないということですから。

  • 回答者:匿名 (質問から7日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

外国では、プール感覚で入るところが多く
これらの娯楽施設では、水着着用が基本です。
日本など昔からの温泉文化では、水着が無く
裸で入ることが衛生的に良いとされていました。
こんなことから、寝ずいていったのでしょう。

  • 回答者:匿名 (質問から1日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

公衆衛生法という法律があるためです。
ただこれはタオルについてなのですが、布にはホコリやゴミが付着していますし、
洗剤などの薬品も残っているために、水着でも洋服でも同じように考えられて禁止です。
また元々、日本では温泉は娯楽施設ではなく、保健衛生施設だからです。

>水着は汚れていないし
何をもって汚れていないと言うのかです。
ホコリ、菌、薬品の残りで汚れています。
汗や垢、糞尿だけが汚れではありません。

>プールではぜんぜん問題ないですよね。
一定濃度の塩素による消毒がなされているからです。

外国にも裸で入るところありますよ。
特に温泉王国ドイツには多いですし、ペルーやオーストリアなどにもあります。
温泉の効能について理解している国や場所では当たり前に裸です。

  • 回答者:山梨 (質問から12時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

イタリアかドイツかどっちかだったと思いますが、
ヨーロッパでは水着を着ている人と素っ裸の人、両方いました。
混浴です。
日本で、水着で入らないのは衛生もあるけど、文化習慣が大きいと思います。

  • 回答者:匿名 (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

プールでは塩素系などの殺菌剤などを多く使用しているため問題にならないのですが
温泉では雑菌などがタオルや水着についているため禁止しているのです。

海外に比べて、日本はその手の衛生管理に厳しいからです。

  • 回答者:匿名希望 (質問から39分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

韓国の温泉は裸で入りますよ。
衛生上の問題と習慣だからでしょう。
外国では大人数でお風呂に入ると言う習慣がありません。
それに対して日本では銭湯と言う文化があり、昔から水着を着用していませんでした。
韓国の温泉は日本の銭湯と同じですので、水着は着用しません。
銭湯と言う文化が欧米にはありません。

  • 回答者:匿名希望 (質問から6分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る