すべてのカテゴリ » 地域情報・旅行 » 海外 » その他

質問

終了

海外旅行で税関に検査で取り上げられたり、スーツケースをあけるように命じられたことはありますか。
それは肉やチーズなどの食べ物ですか。
荷物の重量オーバーでいくらくらい取られましたか。
初めての外国旅行でお土産にたばこを買いすぎて、しっかり税金を取られ国内で購入と同じ値段になったことがありました。

  • 質問者: 匿 名
  • 質問日時:2012-03-29 16:54:16
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

私自身取り上げられたり開けるよう命じられたことまでは無いです。
ただ、スーツケースがおっきいし、母と二人分詰め込む為、毎度毎度重量オーバーです。
大体23、4㎏です。
マカオでは、でっかいスーツケースを持った私と、もう一人お兄さん、若者二人だけ、「こっちへ」と別のベルトに乗せられ、再度荷物検査を受けました。開けられては無いですが・・・。
グアムでは、これ見よがしに、赤紙「ヘビー」タグ付けられました。結構へこみます。
一番危なかったのはオーストラリア。
添乗員さんに、オーストラリアは結構重量規制が厳しいと聞いていたのですが・・・またまた23㎏ぐらいでカウンターへ。重量を見た係員が「ノー!」。お願いしてみたけど「ノー!」。
後ろの同じツアーのおじいちゃんがやって来てくれ、「この子達は親子で荷物が一つ」と言ってくれました。
そしたら、係りの人が「ユアマザー?1バッゲージ?」と聞いてきて、「イエス!」と言ったら、「OK!!」と!!。ラッキーでした。
重量オーバーは係員によってかなり違いますね。
イタリアに行った時の添乗員さんも、同じ国でも、20㎏超えたら即効ノーと言う係員もいれば、30㎏でもOKの時もある、と言っていました。
ヒースロー空港では、同じツアーのおじさんが荷物開けられてました。
9名しかいないツアーでおじさんがひっかかった為、20分ぐらい待機でした。
おじさんが「下着まで調べられた。」と言っていました。しかも、装着済みの・・・。
結局何で引っかかったのかは不明でしたが、何かを入れていた特殊なフィルム?状の袋がX線を通さなかったか何かでひっかかったそうです。
私も様子を見ていたんですが、まあーすみずみ調べてました。
よっぽど調べる側も気にしていたんでしょうか、若めの男性係員が最後おじさんに、「ソーリー・・・。」と謝っていました。
中国には何回か行ってるんですが、特におとがめの記憶が無いですね。
逆に、「こいつ面倒くさい。どーでもえーわー」と思われたんでしょうか・・・。
意外にあの国の大雑把なとこが好きだったりします。

  • 回答者:匿名 (質問から7時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

上海万博に行きましたが、整髪料で検査場に行っていたのが数人いましたね。
厳しすぎて到着でも帰りも2時間くらい遅れました。

並び替え:

取りあげられたものはありませんが
カバンはあけるように命じられたことがあります。
洋服にコインを入れていた時にひっかかって
ポケットの物を出すように言われたこともあります。

  • 回答者:匿名 (質問から7日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

日本出国編: 別に重量オーバーでもヤバイものをもっているわけでもなく、預ける荷物のサンプルチェックに遭い、スーツケースを開けられた。海外のコンドミニアムで自炊する予定で使いかけのお米やらしょうゆやらだしの素やらチューブ入りのわさびを入れていたのをしっかり見られた。何も没収されたわけでもないが恥ずかしかった。

海外入国編: オーストラリアに妹の結婚式に出るべく家族旅行。またもやコンドミニアムで自炊する予定。厳しいことで有名なオーストラリアの税関で「開封前」のしょうゆや焼酎やだしの素など日本食多数を善良そうに見える両親のスーツケースに入れ通関しようとした。が、総勢7名という大家族ぶりに目をつけられスーツケースを開けられた。あまりにも種類が多すぎて通関書類にはしょって記入していたことがバレて叱られた。持ち込み禁止のものはなかったため没収はされなかったが、記入不備で叱られてビビった。

海外出国編: 入国では何も言われなくても出国でテロ対策に念入りに荷物を調べることで有名なイスラエル。スーツケースどころか使い捨てカメラまで解体され念入りに荷物チェックを受けた。私自身は荷物のそばに寄ることも許されず、別室で着ている下着までゆるめられてボディチェック(ちなみに私は女性です)。ウェスト巻きの貴重品袋に入れてある予備の現金やトラベラーズチェックにまで「どうしてこんなにお金を持っているのか」と詰問され非常に困った。「20万円程度の予備費に目くじら立てないでよー」。何も危険物がなかったため没収も叱られもせず釈放されたけど、あんなに厳しいチェックは初めて。出国審査に2時間以上かかってフライトに遅れるかと思った。

  • 回答者:とくめいきぼう (質問から1日後)
  • 3
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

あります。
うつ病と 骨折してたので
鎮痛剤など 大量の薬が入っていたからです。

  • 回答者:匿名希望 (質問から23時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

あけられて
30分くらい
調べられたことがあります。

  • 回答者:匿名 (質問から21時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
参考になりました。回答ありがとうございました。

私も開けるように言われた事あります。
腹痛の薬とかたくさん薬を
入れてたからだと思いますが・・・

この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

来週旅行に行くため、医院で睡眠導入剤や整腸剤を処方していただきましたが、医師から税関でも大丈夫といわれました。
気になる言葉でしたので家でネットで調べたら、アメリカでは日本で大丈夫な薬でも逮捕されることもあるそうです。
薬の説明書は持っていきます。

スーツケースを開けるように言われた事は、何回もあります。
特に問題はないですが。

  • 回答者:匿名希望 (質問から3時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
参考になりました。回答ありがとうございました。

国によっては、生もの、冷凍食品、肉類、・・・いろんな規制があります。
例えば中国に肉を持っていくと、けっこう長くの罰金を支払わされます。

以前、ライターをスーツケースを預けるときに引っかかりました。
(ガスやオイルに反応する機械があるようです)

重量オーバー、エクセスオーバーとも言いますね^^
規定では、1kgあたり5000円ほど取られます。
でも、値切れる場合もあります。

軽そうな荷物を持っている人に助けてもらう・・・
という裏技もあります。
(ココで書いていいのかどうかわかりませんので一応割愛します)

あと、免税限度は決まっていますが、
シーズンですと私はわざとワイン1本オーバーさせて買います。

なぜなら、税関審査に並ぶ時間が省けるから。

ほかの人はきっちりと規定内で納めますのでものすごく列が出来るんです。
そのとき、免税範囲を超えてるところ(赤台)に行くと、
がらがらで、すぐに審査が終わります。

ワイン1本のオーバー額はおおよそ200円。
それであの長い列に並ぶ必要がないと思うかどうかはお任せします^^

ご参考になりましたら幸いです。

===補足===
上海・・・ですか。私も仕事でその時期に行ったことがあります。

空港のみならず、バスに乗るときや駅、主要な施設に入るときは
必ずといっていいほどX線検査をさせられました。

どこでも何でも検査するので確かに長蛇の列。
飛行機に限らずでした。

でも、検査官は本当に見てるのかどうか疑問でしたよ^^

  • 回答者:Sooka! (質問から26分後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

上海は万博だったこともあり、検査が厳しく飛行機も2時間くらい遅れますね。
動きも機敏ではないし。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る