すべてのカテゴリ » 仕事・キャリア » その他

質問

終了

焦りっていうのは、あった方が良いのでしょうか?

私の人生の状況は、他の人から見たら焦らなくてはならないものらしいのですが、
私は、自分でも不思議なくらい全然焦りがありません。

焦りがないことに対しては、ちょっと大丈夫かなぁ?とおもっています。

焦りがない人の末路は、やはり悲惨なのでしょうか?

だからこそ、みなさん焦ったり心配したりしているのですよね。

  • 質問者:こーちゃん
  • 質問日時:2012-04-14 12:40:31
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

できるだけないほうがいいですが、本当に焦ったほうがいいときは焦りは必要になりますね。

そうすることで精神的に奮い立たせることができますから。

  • 回答者:匿名 (質問から7日後)
  • 0
この回答の満足度
  

焦ると空回りするだけ

でも焦りがないと必死になれないときもある

  • 回答者:匿名希望 (質問から7日後)
  • 0
この回答の満足度
  

それは考えすぎだと思います。
できれば焦りはない方がいいと思います。

  • 回答者:匿名 (質問から7日後)
  • 0
この回答の満足度
  

焦って判断を間違える事もあるのであった方が絶対に良いとは言い切れませんが、どんな状況でも全く焦らないことはそれはそれで問題だと思います。

  • 回答者:匿名希望 (質問から2日後)
  • 0
この回答の満足度
  

ないほうがいいと思いますよ、

  • 回答者:匿名 (質問から2日後)
  • 0
この回答の満足度
  

油断大敵と言う言葉があるので、多少は、焦りがあった方が良いのかも知れないですね。

  • 回答者:アトメ (質問から1日後)
  • 0
この回答の満足度
  

焦りは思考を止める。結果を出す為には邪魔。
傍目から見れば「一所懸命頑張ってる」感が出て好印象だが。逆に落ち着いてると反感を買う場合がある。ご理解の通り。

  • 回答者:孤独 (質問から1日後)
  • 0
この回答の満足度
  

ないほうがいいのですよ。夜ねれないなんてのはもってのほか。本当はそうなのですよ。
そのために瞑想します。これでいつもの体力と知力が発揮できます。どうも人間の脳というのはまだ完成されていないためにこうなるのだそうです。

  • 回答者:匿名希望 (質問から20時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

ないほうがいいに決まってます。。

  • 回答者:匿名 (質問から19時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

焦る事ないですよー。
あなたが落ち着いててどっしり構えているので、周りが僻んだのでしょう。
うちの夫も焦ったのを見たことがありません。
だからいつも安心してそばに居られるのよ。

  • 回答者:雑音 (質問から5時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

別に焦っても良いことなんてありません。
焦らないで済んでいるならのならそのまま生きてください。

  • 回答者:匿名 (質問から4時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

あせったから良い結果になるとは限らないと思います。
空回りしたら、かえって周りに迷惑を掛ける可能性もありますし。
しっかり計画を立てて、じっくり確実にこつこつとがんばることが大事だと思います。

  • 回答者:はりあ (質問から3時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

焦りを感じてない時点で今の状況にあなたが少なくとも満足している。
 自分がそう思ってる以上、焦りにつき動かされるやる気みたいなものがないので、無理する必要はないと思いますが、1ヶ月毎に小さな目標を設定し達成するといいと思います。ほかの人から見たら焦らなくては行けないものなら、少しずつ状況を変えれるように努力しましょう。

  • 回答者:n (質問から39分後)
  • 0
この回答の満足度
  

あせらないほうがいいと思います・・・人それぞれです・・・・

  • 回答者:匿名 (質問から37分後)
  • 0
この回答の満足度
  

ありすぎるのはよくないですが
ないとだめだと思います。

  • 回答者:匿名 (質問から6分後)
  • 0
この回答の満足度
  

焦っても焦らなくても、どうせ人間死ぬだけですから、
焦りがなければ、それはそれでいいんじゃないでしょうか。

  • 回答者:匿名 (質問から5分後)
  • 0
この回答の満足度
  

多少はあったほうがいいと思います。

  • 回答者:匿名希望 (質問から2分後)
  • 0
この回答の満足度
  

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る