すべてのカテゴリ » アンケート

質問

終了

私は 今回の事件で、あの「和歌山ヒソカレー事件」を思い出しました。あの事件も「状況証拠」の積み重ねであの女は「死刑」が確定しました。・・・まだ執行されていないようだが・・・
しかし 犯行は認めない、死刑判決を言い渡されても「顔色」一つ変えなかった あのずぶとさ! あの女の心理状態はどうなっているのかサッパリ分かりません!
 判決は前もって分かっていた。 という事なんでしょうか??
本当に真犯人が他にいるのなら、主文を言い渡された時に、「絶対に私は殺していない!!」と叫ぶのではないのでしょうか??

  • 質問者:とく・めい¥
  • 質問日時:2012-04-14 21:17:41
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

神経図太い女は顔色替えないでしょう
普通じゃないから

  • 回答者:匿名 (質問から24時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

和歌山の件は、誰か庇っているフシがある。邪推だけど。
今回の件、被告は自分の世界を頭の中に作ってその中でヒロインになってるんじゃないのかな。オウム麻原もそんな感じだと思う。

いずれにせよ、自分の命より大事なモノをでっち上げてそれに殉じる気がマンマンなのかも知れん。

  • 回答者:孤独 (質問から18時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

顔色一つ変えなかった・・・そういう女だからこそ何人もの罪のない人を平気で手にかける・・・んだと思います。
和歌山の事件も、今回の事件も、刑事ドラマに出てくるような悪女のイメージとは程遠いですもんね・・。

  • 回答者:見た目通りの人 (質問から13時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

嘘も付きとおせばそれが自信となって、本人には事実となんら変わることなくなるんです。
だからこその鉄面皮たる所以なんです。
又和歌山でもそうだけど、これを応援・支持する馬鹿な奴がいて本人は錯覚して余計に無実と言う確信を得るんです。

  • 回答者:匿名 (質問から11時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

証拠がなければ「犯罪」ではないとの確信の元に「犯行」に及んだのでしょう。
自分の欲望のために次々に人を殺める姿は、おそるべき「怪物」にほかなりません。

一見人の良さそうなルックスと相まって「和歌山」とは似ていますね。
人間の「闇」を見せられた気分です。

  • 回答者:匿名希望 (質問から4時間後)
  • 1
この回答の満足度
  

確かに似ていると思います。本当に理解できないです。
どうやら世の中には、かなり不思議な考えの方が、少ない確率ですが存在するようです。
自分の欲望に忠実で、躊躇と言うものがない感じです。

  • 回答者:良心の呵責 (質問から2時間後)
  • 1
この回答の満足度
  

?????
NEWSの、一部しか見ていませんが、

まだ、裁判も 確定 していませんし、
確定しても、その先にはまだ色々手続きが・・・

再審請求?も、含まれていますし。

別い擁護しているわけではありません。
日本の手続きの・・・

あのサリン事件の・・・未だ。

===補足===
質問者以外から個別のコメントができたのか?

被告を擁護するわけではないことを再度。

質問は、

叫べはいいのか?
では?

確信してこれから戦う人ほど冷静に対処する人が多いのでは?

日本の制度では、

死刑が 確定 しても、さらに色々な段階を経て…

死刑確定後、再審で無罪になった事例も。

サリン騒動の最中、報道を含め確定的なことのように関係ない人が中傷の渦に。


私も、暴行傷害を受けた被害者なのに、最初認められず
警察官【署】から、冤罪をかけられ・・・

その後、食い下がり
どうにか相手は、送検されたようです。

その時の録画さえ警察の手で、消滅させられ・・・
さらに他にも大変な目にあっています。

此処神奈川の厚木署管内で起きたことです。

日常的に起こっているとしか。


報道だけで判断して、
確定して自分の判断を固定することの恐ろしさを・・・

この回答の満足度
  
お礼コメント

===補足===
kingofitouさん、
質問者の方が言っている「あの女は「死刑」が確定しました。」は和歌山の毒入りカレー殺人事件の林ますみ死刑囚の事ですよ。
林ますみ被告は1審、2審の大阪高裁において共に死刑判決を受け上告していたが、2009年4月21日に最高裁判所が上告を棄却。
判決訂正も5月18日付で棄却したため死刑が確定した。
林は戦後日本では11人目の女性死刑囚ですよ。
どこにも「木嶋被告が死刑に確定した」とは書いてませんよ。

そんな事は無いですよ。夫の話を聞く限り、彼女は、相当あせっています。
一審での黙秘は、二審では行使していません。
この事件もまた、明確な目撃証言は無く、状況証拠に力点を置いた裁判になっています。
疑わしきは、被告人の利益という裁判制度の枠を超えた判決が出されていますが、本当にそれでいいのかと思っています。
我々は、直接彼女の事を知っているわけではなく、すべてはマスコミから伝えられた印象で彼女を見ているに過ぎないのです。

  • 回答者:匿名 (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

そうですよね、絶対にやっていないなら死刑判決の言い渡しに声を荒げて叫びますよね。
裁判員の中にスピリチュアルの江原啓之さんを座らせておくといいですね。
常に被告人の目を見て「私には解ってるんだよ」とニコニコさせておくだけで、観念しますよね。
カレー事件の犯人と今回の木嶋も似た顔と同じ様な体型だなぁ~って思ってました。

===補足===
kingofitouさん、
質問者の方が言っている「あの女は「死刑」が確定しました。」は和歌山の毒入りカレー殺人事件の林ますみ死刑囚の事ですよ。
林ますみ被告は1審、2審の大阪高裁において共に死刑判決を受け上告していたが、2009年4月21日に最高裁判所が上告を棄却。
判決訂正も5月18日付で棄却したため死刑が確定した。
林は戦後日本では11人目の女性死刑囚ですよ。
どこにも「木嶋被告が死刑に確定した」とは書いてませんよ。

  • 回答者:匿名 (質問から6分後)
  • 2
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

確かに似てますね。
風貌も。

  • 回答者:匿名希望 (質問から3分後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る