すべてのカテゴリ » ニュース・時事 » 政治

質問

終了

<福井知事>中間貯蔵施設、関西に…「痛み分担を」

だったら、これ以上核のゴミを増やさないためにも
再稼動すべきではないと思うのですが?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120414-00000098-mai-pol

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2012-04-15 12:08:27
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

狭い国土に、原発だらけ。
日本は、原発密度世界一の危ない国。
すでに、痛み分担どころの騒ぎではない。
使用済み核燃料は、全く手に負えない危険物質であり、日本中いたるところに存在していて、安全な逃げ場所は、あるだろうか。

使用済み核燃料の安全な処理処分技術は、残念ながら未開発で、研究中。
開発できたとしても処分地が未決定。
こんな状態で使用済み核燃料を、さらに増やすことは、もう論外である。
半世紀前の原発稼働は、目先の金に目を眩ませ、後先を無視した見切り発車だったのだ。
そのつけが、たとえ事故を起こさなかったとしても、深刻な問題として振りかかって来ている。

今さっき、文科省発行「放射能などに関する副読本」を読んだが、自然界にもともと存在していた放射能物質についてのみ語られていた。
だから、心配するな、ということらしい。
誤魔化しも甚だしい。

強い放射線は、勿論危ないが、原発で発電の過程で作りだされる人工の放射能物質、使用済み核燃料も含むが、とにかく厄介である。

この人工の放射能物質に対する、対処できる仕組みが、人体に備わっていないのである。
自然界に存在していた放射性のカリウムは、体が摂取しても、直ちに放出する。
放射性のヨウ素については、自然界には存在していなかったので、人体は甲状腺ホルモンの材料として体に取り込む。
それが、放射性を帯びたら、途端に甲状腺ガンの発病となる。
このような危険性は、セシウムしかり、ストロンチウムしかりなのである。

自然界に存在しなかった放射能物質を造ること事態が、危険であり、それ以上に、生命そのものを破壊する意味で、原発は、もともと反エコの存在なのである。
原発稼働は、二酸化炭素排出より、はるかに悪影響を環境に及ぼすことになる。

私も、質問者さんと、同意見である。

賢い選択に再稼働は、あり得ない!

  • 回答者:団塊 (質問から2日後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

並び替え:

その通りだと思います・・・・・

  • 回答者:匿名 (質問から24分後)
  • 0
この回答の満足度
  

再稼動しなければ、日本のような貧弱な物資の国では、電力がまかなえません。
値上げに反対する国民が多い以上、再稼動するべきだと思います。

また、痛み分担について、核のゴミを増やさないためにも再稼動すべきではないという考え方について、当然、電力を利用している以上、消費した国民たち、平等に負担するべきです。決して、福井県だけではないです。京都、大阪も率先して、値上げに応じるか、痛みわけ分担をするべきです。

とはいうものの、電力会社は、今後も新しいエネルギー確保の手段、徹底コスト削減を考えるべきでしょう。今後も、次世代エネルギー議論をして、現実的な手段を日本国民も真剣に考える必要があると思います。

  • 回答者:匿名 (質問から18分後)
  • 0
この回答の満足度
  

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る