すべてのカテゴリ » インターネット・パソコン » ソフトウェア » ソフトウェア全般

質問

終了

エクセルで作った勤務表の中で祝日勤務の合計数や土曜日出勤の合計をそれぞれ別に計算したいのですが、どういった関数を使ったらいいのでしょうか?

回答してくれたみんなへのお礼

ありがとうございました。皆さんの意見を参考にしてやってみます。
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

sumという関数がいいですよ。合計という意味です。

  • 回答者:匿名 (質問から15時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
やや参考になりました。回答ありがとうございました。

簡単に考えてもいいと思いますけど。
例えばですが
A3のセルに日付の 1 を入れてオートフィルで
A33のセルに日付の31 をいれたとします。

B1のセルには祝日の勤務した日数の合計値を出すように
=COUNTIF(B3:B33,"*")と入力して
B列の祝日勤務のとこに * (アスタリスク) を入力し
その * の入力した数をCOUNTIFの関数を使用したら簡単じゃないでしょうか?

B2のセルには 祝日勤務 と入力して


同様に C2のセルには 土曜日勤務 と入力して

C1のセルに
=COUNTIF(C3:C33,"*") と入力して
該当するところの土曜日にセルには 
* が入力されたら C1の関数を入れたところで反映させるとか。

難しく考えなくてもいいようにも思いましたけど。

この回答の満足度
  
参考になりました。回答ありがとうございました。

エクセルで作ったと言うだけでは情報が不足しています、単純にスプレッドシートとしてSUMを出しているのか、それとも関数を組み合わせているのか、マルチシートで作られているのか、VBAマクロで作られているのか、最もVBAマクロならソースコードがわからないと変更しようはないですが、みんなが使っているものなら、勝手に変更するのは非常にまずいです。
単純に=(休日1のXY+休日2のXY・・・)という具合に足し算をするのが一番無難だと思いますが、
それに通常の勤務時間表は給与など算出に使うので、時間外手当、休日手当等異なる掛率が関係するので別計算されるように作らいれている筈ですが??

===補足===
日付関数や、総務関係の関数はありますが、休日などと言う不特定な日の関数など無いです、定義できないものは関数とは呼びません、土曜には初期数を設定すれば7日周期なので、7日目の行と列の数字を加算する、数式を作れば計算できますが、休日は一定周期でなく、しかも年によって連休にするためにズラす、しかも会社によってはゴールデンウイークを連休にする、とか夏休みとか、計算式で求められませんので、関数を作ること自体不可能です。

  • 回答者:匿名 (質問から44分後)
  • 0
この回答の満足度
  
やや参考になりました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

さっそくの回答ありがとうございます。初心者の私にはちょっとわからない言葉が多くて、理解できませんでしたが、情報不足ということはわかりました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る