すべてのカテゴリ » 趣味・エンターテイメント » 自動車・バイク・自転車 » ドライブ・ツーリング・サイクリング

質問

終了

FT86は速いのでしょうか。
やっぱり重いだけでしょうか

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2012-06-07 20:56:54
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

TOYOTA FT-86 1,220kg
SUBARU WRX STI 1,490kg
MITSUBISI EvolutionX GSR 1,540kg

ラリードライバーが私の仕事です。
実際に乗った事ありますか?
雑誌の取材でもFT-86,BRZ共にサーキットで走らせました。
1,220kgのFT-86を重いと感じるのでしょうか?

FT-86のパワーウエイトレシオは、1,220kg÷200PS=6.1kg/ps
WRX STIは1,490kg÷308PS=4.8kg/ps
EvolutionX GSRは1,540kg÷300PS=5.1kg/ps

数値的に見れば86が下ですが、車重、パワー、コントロールのバランスは一番でしたよ。
86は軽さが武器ですよ!
6速ミッションのシンクロが素晴らしいです。
WRXもEvoXもパワーをコントロールする仕事を頭の中でトルクバンドを考えながら走らせています。
しかし、86はそれらをしなくても感覚でスムーズにエンジンとシンクロできる感覚です。
試作車のBRZ Turbo(未発売)にも乗りましたが、こちらの方がWRXやEvoXに近い感覚です。
専門的に書くと長くなるので、別の書きかたにしますね。
86、BRZは「ポルシェ ケイマン」に似たフィーリングです。
重量配分も53:47でステアリングが自在に操れるようになっています。
86とBRZの一番の違いは、限界時にリアを流しやすいのが86、
グリップを求めてコーナーを駆け抜けるのが、BRZという感じです。
ボクサーエンジンによる低重心によって、今までのV型やレシプロ6発の様な感覚とは異なります。

実際に走らせてみてください。
久々にサーキットで面白い車に出会えたっていうのがストレートな気持ちです。

余談・・・
先日、HONDAのCR-ZのNA Turboに乗りました。
まだ発売されていません。
いやぁ~、あれは凄かった!!!久々にグローブの中の手が汗だらけに(詳細はまだ、書けません)

  • 回答者:ラリードライバー (質問から2時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

気合の入ったコメント、読みがいのあるインプレッションありがとうございます。
私もシロウトなりに書いてみましょう。
熱いインプレッションでしたが読みようによっては、サーキットでスピードを乗せて走るとシャーシーバランスの良い車だけどターボの速さがほしい とも聞こえます。パワーウエイトレシオでは、その差に収まりますが、NAとターボでは特性カーブが異なるので差がより開くトルクウエイトレシオのほうが実際の速さの差を象徴しているでしょう。
シルビアのNAにしてもあれほど期待させたアルテッツァ にしても素人の一般道走行では走りはかったるい平凡なものでした。
残念ながらFT-86も同じニオイがします。ビッツやフィットにも負けるのではと思います。
論点が異なりますが一番の問題は若い人向けと言いながらおじさんがおじさん向けに作った車になってしまっていることです。若者向けなら1トン以下、160万円以下のFRホットハッチにすべきです。サーキットを走る人などほとんどいません。その勘違い、思い上がりがトヨタの癌です。中国で不人気のハイブリッド全面押し出し戦略などみっともない間違いを繰り返しています。FT-86もそんななかで生まれたあだ花に見えます と言ったら言い過ぎでしょうかね。ターボがでるならそれは期待できますがNAで走らせるならもっと軽くしないとダメでしょうね。それともターボありのシャーシ設定でしょうか。(最初のコンセプトは無し前提の開発でしたよね。)

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る