すべてのカテゴリ » ニュース・時事 » 国際

質問

終了

国際司法裁判所では捕鯨についてもオーストラリアと日本で係争中だそうです。

ならば竹島問題だけでなく従軍慰安婦の問題についても国際司法裁判所に提訴したらどうでしょうか?
他に何か良い解決案ありますか?

この問題についても韓国はことあるごとに持ち出してきます。
うやむやにしないで公の場所であったのかなかったのか、米軍とか韓国軍の慰安婦も責任問題を押し付けていないかそろそろ決着をつけてもよさそうに思いますが何か妙案ありますか?

  • 質問者:justice
  • 質問日時:2012-08-31 08:19:02
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

捕鯨について、解決は困難
http://www.youtube.com/watch?v=G6s5ewOMUFY

慰安婦問題は言いがかりを付ける外交カード、石碑や映画を世界中で作って被害者を装う、
日本を悪者にするのが目的、まず終わらせない。ICJに提訴して河野談話で負けると予想します。

妙案になるのか・・国内左翼を蹴散らすことからではないでしょうか、
こんなメディアならTVなどもっと低迷してしまえだhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm18746474

憲法9条改正へ国民投票、慰安婦証拠出せ、河野談話修正などという
安倍元首相、橋下市長らに期待。

  • 回答者:匿名 (質問から19時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

捕鯨については・・・・日本人が全て仏教徒というわけではありませんが、鯨肉という食文化だけでなく「(命を)頂きます」と食べ物に対して礼を尽くすという心のあり方をキリスト教徒系の白人に理解させたいです。
食べ物はキリスト教系では神が神に最も近いヒトに与えた特権として家畜を殺し、自然を支配するという考え方とまるで違う文化であるということを堂々と主張したいですね。
命に対して礼を尽くすというのは、鯨の髭一本に至るまで全て捨てるところなく利用する。
ここまで命に対して礼をつくす文化に対して理解もせず残酷という連中はカンガルーを何万頭も無駄に殺して頭数調整をしています。動物の命を実に粗末にしています。

慰安婦問題は河野発言は不用意でしたが、韓国に証人が生存しているうちに本当は何処の国(韓国・米国・日本)の慰安婦だったかきちんと調査するべきではないでしょうか?
なかったとはとても思えない、しかし他の国に責任がないとは言わせない。

従軍慰安婦問題に関しては橋下はダメです。ヤクザを親に持ち、親譲りの女好きなので墓穴を掘るだけでしょう。

個人的には賛成です。
日本は「冤罪」を主張して反証となる文献証拠を提出し、韓国側は「怪しい」証人を出してくるとは思いますが、「公平」に判断してもらうのが筋でしょう。

ただ別の方も書いてましたが、韓国側は応じないでしょうねぇ。
だって「負ける戦いはしない」国ですから。しかも正々堂々は「悪」である価値観の

持ち主であり、ゲリラ的に悪意をばら撒くのが「正義」である連中です。
困ったものです。

  • 回答者:匿名希望 (質問から18時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

慰安婦問題に白黒つけるのは証人が生存中のほうが望ましいとおもうので早いほうがいいと思います。

韓国は建前は儒教の国です、建前をうまく持ち出して表舞台に引き出す手腕が外交というものだと思う。
外交手腕というのはそれぞれの国の建前をうまく引き出すことです。
イギリスは法の国、米国はフェアという言葉を重んじる国です。
建前と本音はものすごく違いますが、政治とはもともと本音とは裏腹に建前でおこなうものですから。

長い時間を掛けて裁判で争って判決が出たとしても相手国が従わないのであれば意味がないと思います。相手国は絶対に譲歩しないはずです。

  • 回答者:匿名 (質問から15時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
参考になり、満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

捕鯨の場合は、日本の食文化だと世界に対して一歩も引かないスタンスを持ってもいい。

同様に、慰安婦については国際舞台で韓国にもあった、米国にもあった、それを厳密に調査もしないで全て日本に押し付けるのか!

と堂々と主張しないと世界の目というのが米国や韓国のそれを全て日本軍の所業という解釈になってしまうのではないでしょうか?

韓国は毎回口に出すのだから、国際司法裁判で争うのは依存はないでしょう。
もし回避するようならばそれこそ、冤罪とみなされます。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る