すべてのカテゴリ » アンケート

質問

終了

人生指南といった感じの本で、お坊さんが書いていりする本はとくに、
「これと決めたらそれをがむしゃらにやりなさい」とあり、なるほどと思いますが。

人生の垢にまみれつつ・・みたいな人の本には「一つではなく、百のことをやりなさい(きわめなさい)」とあります。

どちらがよいのでしょう。

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2012-09-15 11:35:56
  • 0

回答してくれたみんなへのお礼

がむしゃらにいろいろやるのがよいということでしょうか。
心構えのもんだいなのですね。
ソーシャルブックマークに登録する:

両方なんだと思います。ひとつのことにのめりこんではいけないがいろいろなことに中途半端でもいけない。

  • 回答者:匿名 (質問から6日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

それは非常に難しい・・。

並び替え:

「これと決めたらそれをがむしゃらにやりなさい」

こちらの方がよいと感じます。1つの事を極めようとする事でさえ至難の業です。

例え多くのことをしたとしても、一つも身にならなければ無になってしまいますから。

  • 回答者:匿名希望 (質問から7日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

どうでしょうか?
例え百のことをやるにしても、一つ一つがむしゃらにやらないと、それが自分にあっているかどうかはわかりません。

その二つの教えは、本来続けてやるものであり、別々の話ではないような気がします。

  • 回答者:匿名希望 (質問から16時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

向き不向きがあるので
自分の向いてると思う方を実践すべしだと思いますね。

  • 回答者:匿名 (質問から4時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る