すべてのカテゴリ » 料理・グルメ » 料理・レシピ » 食材・食品

質問

終了

パンと言うのは焼いたら表面がキツネ色にあるものだと思いますが、ミミまで真っ白なパンは焼かないで蒸したりしているのでしょうか。
それともトーストすると若干キツネ色になるので、やはり原料が違うのでしょうか。

  • 質問者:白パン
  • 質問日時:2012-10-25 22:42:23
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

蒸し焼きじゃないですよ。適当回答が多くて呆れます。
わからないなら答えなければ良いのに。
蒸し焼きなんかしたらパンがすぐ黴びてしまいますし、
なによりも水っぽくてまずいです。
普通のパン生地よりも低温で焼くとああなります。
普通の食パンは180度ぐらいで焼きますが、白い食パンは150〜160度です。
もう少し温度を下げて(130〜140度)焼き時間を長くする方法もありますが、
20〜30度下げて同じ時間焼くので充分白く柔らかく出来ます。

  • 回答者:知らないくせにしゃしゃるな (質問から3日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

焼くと焼き色が必ず付くので蒸し焼きのような技術を使っているのでしょうね。

  • 回答者:匿名 (質問から16時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
参考になりました。回答ありがとうございました。

耳まで白いのはおそらく蒸し焼きに近いかも。柔らかいし

  • 回答者:匿名 (質問から13時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
参考になりました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る