すべてのカテゴリ » ニュース・時事 » 政治

質問

終了

橋下大阪市長が今でもツイッターを更新していて公職選挙法に抵触してるっぽいとの批判がありますが、実際のところ公職選挙法にこういう形で抵触するとどういった罰則があるのでしょう?

いくら問題がある法律でも、政治家が率先して法律違反しちゃうと誰も法律を守らない怖い世界になってしまう気がするのですが・・これで維新の会が大躍進したら過去に公職選挙法に違反していたかもしれないということもなかったことになってしまうのでしょうか?

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2012-12-05 02:08:52
  • 2
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

選挙後に逮捕されるかもしれないと演説の中で自虐ネタにしていましたね。

抵触する可能性が少しでもあるならば即刻辞めるべきだと思いますけど

本人は総務省の見解を踏まえているので選挙運動には該当しないと考えているので

書き込みを続けているのでしょうね。

見解の相違であって今の所違法とは断定できないです。

  • 回答者:匿名希望 (質問から7日後)
  • 0
この回答の満足度
  

生き馬の目を抜く政界のこと彼はそんなへまはしないでしょう。
またまわりも黙っちゃいません。OKと思います

  • 回答者:匿名希望 (質問から8時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

グレーゾーンなので微妙な問題だと思います。明らかに違反をしていたら処分というか摘発の対象になるはずですが、グレーゾーンなら検挙できないと思いますよ。

  • 回答者:匿名 (質問から4時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る