すべてのカテゴリ » ニュース・時事 » 社会

質問

終了

自衛隊が国防軍になったら、装備の名称はどうなるのでしょうか?

いままで軍のイメージの残る名称は呼びかえられていましたが、戦艦とか洗車、戦闘機という名称が復活するとおもいますか?

~~~~~~~~~~~
個人的には、大学生の時代を勉強もせず遊んで親のすねをかじるだけの若者は徴兵制を復活して1年ぐらい鍛えなおしたほうが世の中のためになるかなと思いますが。
軍役でなくても、災害復興とかボランティアとか1年ぐらいさせて学資を稼がせて経済的に親から独立させるくらいのことはしてもいいかなあとおもいます。

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2012-12-05 10:09:17
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

装備の名称はどうでもいいと思います。その内容に変化がなければどんな名称でもいいと思います。軍の名称が変わっても司令官が軍がいざという時に動かせるようにしなくてはいけないと思います。有事の際は最高司令官の指示によって動くのですから、しっかりした最高司令官首相を選ぶのが肝心です。

  • 回答者:匿名 (質問から12時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
参考になり、満足しました。回答ありがとうございました。

実際に国防軍に変更なるかは別問題として、仮に変わったとしても装備品の名称は変更する必要はないでしょう。(急に変えると混乱を招く事もありますから、長年使ってる名称でいいと思います。)
変わるのは階級の呼び名ではないでしょうかね。
大学時代に勉強もせずに親のすねをかじるのは男女とも共通だと思います。仮に鍛え直すと言う名目で徴兵制を復活させたとして、女性も同じく徴兵の義務を課すのか又は男性のみかでもめると思います。
それに今の現状(志願制)でも、基礎訓練の途中で逃げ出す人もいるのが現状です。それに災害復旧のための要因とかボランティアと言うのなら、徴兵制でなくその様なボランティア団体での活動を義務付けてそこでも活動を大学の単位にしてその単位がなければ留年する方法でもいいと思います。

  • 回答者:匿名希望 (質問から7時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

装備の名称などどうでもいい話。
戦艦など自衛隊にないし、洗車もない。戦闘機くらいかな?

>大学生の時代を勉強もせず遊んで親のすねをかじるだけの若者…
何か不都合があるのでしょうか?
自己鍛錬など、人さまざま。
余計なお世話。

  • 回答者:匿・名くん (質問から5時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
やや参考になりました。回答ありがとうございました。

そうだと思います。呼び名は変わると思います。今でも護衛艦の名前は戦前の軍艦なんかの名前が使われているわけですし、軍艦という曲が使われていますから。そのような流になるでしょう

  • 回答者:匿名希望 (質問から5時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
参考になり、満足しました。回答ありがとうございました。

自衛隊で最新戦車を10式戦車(ヒトマル)と言いますから、
兵器じゃなく自衛官の階級の事、3等陸尉が陸軍少尉などの名称が復活するかどうかと言う事ですね、
重々しいですが復活しても問題ないと思います。

  • 回答者:匿名 (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

軍隊用語でもそれが規律や効率が向上するなら自衛隊、軍隊に関わらず使うのもよいかもしれませんね。

義務教育の体育が教練と言い換えられるのはたまりませんが・・・

国防軍になったら、陸・空軍はについては今まで通りの名称でしょう。
戦車は昔は「特車」と呼ばれていましたが、今は戦車や戦闘機の名称が一般的に広まっているので、装備品についてはそのままだと思います。
ただ、海軍については、いろんな艦船を保有しているので、艦船の区別をつけるために護衛艦から巡洋艦や駆逐艦などの名称をつけると思います。

個人的には、徴兵よりも予備役を増やした方が良いと思います。 
現在、予備自衛官が少ないので、予備自衛官や予備自衛官補を増やし、有事の時の後方支援や災害派遣などの人数を充実させるべきでしょう。
予備役を増やすため、除隊後の隊員の訓練について、一般社会で働いてる状況でも容易に訓練に出られるように、社会環境・法律を改善・改正すべきだと思います。

  • 回答者:匿名 (質問から55分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

かなり反対がありますから、簡単には「国防軍」にはならないと思います。若しなったら、矢張り装備の呼称も変わるのではないかと思います。そんな呼び方ではなく、自衛隊の真の目的、任務について、きちんと見直して対応することが重要と思います。

ご意見のように、若者に集団で鍛錬する場は絶対に必要と思います。教育の問題もあって、今や日本人の資質は大幅に低下しており、気力、体力、団体行動等々アジアの中でも低レベルになってしまったのではないかと心配しております。再検討すべき大事な時期に来たと思います。

  • 回答者:あまのじゃく (質問から11分後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

少し過激なことを書いたのですが、同じことを考える人がいるのですね。
義務と社会貢献というのは自分を見つめなおす意味でも、成人の自覚としても大切なことだと思います。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る