すべてのカテゴリ » 恋愛・人間関係の悩み » 恋愛

質問

終了

片思い中の男性(40)は初めて年上の人という事もあって、距離を縮めるのにモヤモヤしています。話しかけられたりちょっかい出されたり、子供の様な一面もあるのですが、特に自分から・・・と行動を起こすタイプではなく、すごく冷静な面もあります。
私はどちらかというと受身なタイプなので、このままだと平行線のまま終わりそうな気がします。
何度かそうならないように自分から連絡先を聞いたり、一緒に帰る機会を作ったりしたのですが、
自分からって事に寂しさといつか自分が疲れるんじゃないかと思う時があります。
40歳にもなると、学生の頃の様な恋愛は無理なのかもしれませんが、大人の男性を攻略するいい方法はないでしょうか?

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2012-12-12 17:35:38
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

私も38歳の、自分より一回り年上の方と付き合っています。性格も質問者さんの方と似てます。自分から、ということはほぼありませんでした。でも私の方が積極的なので、電話やメール、会ってほしい、などガンガン押して付き合いました。拒否はされなかったので。
だから、寂しいなんて思わず、頑張ってみてほしいです。たまには向こうから連絡来ないかな、って思う気持ちはすごくあります。でも、だったら自分がメール送ればいいじゃん、と思い直して連絡取ってました。本当にうまくいってほしいです。
自分が疲れてしまったなら、休んでいいと思います。でもやっぱり好きだからまた連絡したくなったら連絡を取る、とかでいいと思います。
相手の方も頻繁に連絡を取ることに慣れていないんだと思います。多分、その方がたくさん恋愛していた頃は毎日メール、毎日電話、みたいな感じじゃなかったかもしれないし。相手に求めることが多いと、うまくいかない時嫌になってきてしまいます。自分が思うことは相手にぶつけていいと思います。ケンカして仲が深まるかもしれないし。でも相手のこと、相手の気持ちを考えてあげることは忘れないで下さい。
向こうが質問者さんを諦めたくない、と思わせるまでは、質問者さんに諦めないでほしいです。頑張ってほしいです。
長文でごめんなさい。

  • 回答者:ことり (質問から7日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

ご親切にありがとうございました。
読んでいて勇気をもらい、私からでも積極的に頑張ってみます。
お互いが受身タイプなだけに、人よりも時間がかかるかもしれませんが、
行ける所までとりあえず進んでみようと思いました。
ありがとうございました。

背伸びはせずに貴方の年齢にふさわしい方法が、かえって年上の男性には

新鮮に感じらそれが魅力的に見えるものですよ。

子供のような一面を貴方に見せているのでしたら、少なからず貴方に好意を抱いてるのは

確かでしょうね。彼も自分の方が年齢も上と言うこともあり、自分にブレーキをかけ

躊躇しているのかもしれませんよ。

  • 回答者:匿名希望 (質問から6日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

なんで自分からだと寂しいんです?お姫様気取りですか?モテ気分になれないから?
欲しい物を誰かがプレゼントしてくれるまで待っているのは子供時代だけですよ。
大人は面倒くさがりだし、今時のカップル事情にも疎いし、
新しい関係は億劫だし、恥をかきたくないので自分からは動きません。
つきあいたいならあなたが誘うしかないですよ。
この年齢になると「便利さ」「気の置けなさ」は魅力です。
若さを全面に出しすぎると距離を感じてしまいます。
周りにわからないような気遣いも大事です。
中年以降は世間体で生きています。

若い男に使う手は通じませんよ。肉欲では動かないですから。

  • 回答者:あなたはいくつなの? (質問から5日後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

男はいつまでも子供ですから、同年代の男性と思って攻略をすればいいと思います。
最初は大変かもしれませんが攻略すれば、意外に付き合いやすい人だったりと感じるのではないでしょうか。

  • 回答者:匿名 (質問から2日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

40でも変わらないですよ。学生の手が通じます。

  • 回答者:匿名希望 (質問から17時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る