すべてのカテゴリ » 趣味・エンターテイメント » 音楽 » 歌・曲

質問

終了

ニコニコ動画で「歌ってみた」を投稿する『歌い手』になりたいのですが、どんな機材・知識が必要ですか?
また、機材などは最低でも何円くらいかかりますか?どこで売っていますか?

その他、いろいろ教えて下さるとうれしいです。よろしくお願いします。

===補足===
あと、いろいろな加工が出来るMIXのソフトなども教えてくださるとうれしいです><

  • 質問者:うたこ。
  • 質問日時:2013-01-13 21:28:29
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

どの程度のクォリティを求めるのかにもよりますが
実際に仕事にしている側の人間目線で言わせてもらうならば
今の歌ってみたの作品の9割は素人にも程があるというものがほとんどです。
なので、先に補足部分の回答を行いますが
きちんとした音楽関係の出版社が発行している本で最低限の勉強をして下さい。
ネット上の解説(特にニコ動の解説動画)は、平気ででたらめを教えていることもあるので
基本的に信じずに、まっとうな書籍をあてにするほうが良いです。
にわかでミックスダウンするということは、折角の音源を台無しにするということです。

では、実際の機材と知識の回答です。
まず文章から動画投稿のみで良い(生放送では使用しない)と受け取る事が出来ますので
この場合、最低ラインで揃えるのであれば
マイクとオーディオインターフェイスの二つがあれば十分です。
オーディオインターフェイスは様々なものがありますが、録音を行う際に発生する処理の遅れによるズレ(レイテンシー)を極力減らさなければMIXする際に音質を劣化させてしまったり
より手順が増える、専門知識をさらに要求することになるので
ケチってはいけません。
ASIOと呼ばれるドライバーに対応しているモデルで
尚且つ、音痩せ(録音物を聞くと、音が貧相になってしまう)を防ぐためにも
最低でもミドルクラスのインターフェイスを準備してください。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=631^UA22^^
このラインぐらいのものを買えば目立った問題はないでしょう。

次にマイクですが、マイクには構造的な違いによって
現在は2種類の主流があります。
一つがダイナミックマイクと呼ばれるもの、もう一つがコンデンサーマイクと呼ばれるものです。
構造的な仕組みの違いから
ダイナミックマイクは耐久力があるが音質はコンデンサーに劣る。
コンデンサーは音質は優れているが、耐久力と値段に劣る。
と受け取ってもらえば良いでしょう。
耐久力といっても、派手に落としたり、よっぽどの湿度環境に設置するということをしないのであれば
さほど気にする必要はありません。
ですので、当然音質を優先してコンデンサーマイクを購入する事を薦めます。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=872^MXL2003^^
とりあえずはこのマイクで問題はないでしょう。

あとは、備品です。
ケーブル、マイクスタンド等をあわせると
全て揃えて、値段は3万5千円~4万円といったところでしょうか。

また、MIXのソフトはいわゆる
DAW(デジタルオーディオワークステーション)ソフトが必要になります。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/SearchList.asp?i_type=c&s_category_cd=120
使い勝手や、どこまでできるのか等、ソフトによる違いがありますが
こればっかりは、使う本人が選ぶしかありません。
一応無料で行えるとして知られているソフトもありますが
市販のものほどのクォリティはありません。
http://reaper.fm/download-old.php?ver=0x
また、この無料ソフト(このバージョンのみ)の場合
加工を行うためのプラグイン各種を自分で追加していく必要があるので
説明しているサイトとにらめっこをしながら、環境を作っていく必要があります。

追加の質問があれば、またどうぞ。

  • 回答者:通りすがりの音楽家 (質問から2日後)
  • 0
この回答の満足度
  

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る