すべてのカテゴリ » アンケート

質問

終了

京都市で、動植物性の廃油から軽油と同等の品質の燃料「バイオ軽油」を精製することに世界で初めて成功し、市バスなどの燃料に使うための実用化プロジェクトを立ち上げると発表した・・・もともと捨てるもので燃料にできるのですから結構な話なんですが、原料の廃油や動物油脂が生産に追いつかなくなるのでは? という心配は無いのですか?

  • 質問者:とくめい
  • 質問日時:2013-01-30 22:40:06
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

動かせる程度と少量なので心配はないです。
環境にもやさしいのですごい技術だなと思います。

  • 回答者:匿名 (質問から6日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

環境にも優しく凄い技術ですし、捨てる分をリサイクルして

利用するのですから心配は無いと思います。

  • 回答者:匿名 (質問から6日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

宮城県塩釜市でも揚げかまぼこの製造過程ででる廃油を利用した軽油代替燃料・バイオディーゼル燃料(BDF)の精製が行われております。廃油処理と二酸化炭素の削減に、また、一昨年の東日本大震災時には、不足したガソリンに代わり、市の災害支援車両や小型発電機の燃料として活躍されました。
 捨てる廃油を利用するだけですから、問題はありません。

  • 回答者:匿名 (質問から3日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

バイオディーゼル燃料の為に消費するのであれば問題ですが
いまのところはある分で動かせる程度で使っていくみたいですし
そのような心配はないでしょう。

  • 回答者:匿名 (質問から15時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

廃油が溜まったら使うだけですから問題ないですよ。
バイオ燃料で走るバスは一部のバスだけです。

  • 回答者:匿名 (質問から3時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る