すべてのカテゴリ » 知識・教養・学問 » 知識・学問 » 歴史・地理

質問

終了

太平洋戦争はル大統領の電報が天皇に渡れば避けられた、とGHQが見解を示していた事が判りました。

皆さんはどの様に考えますか?

読売新聞 3月7日(木)14時52分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130307-00000772-yom-pol

 1941年12月8日の日米開戦の直前、当時のルーズベルト米大統領から昭和天皇に送られた戦争回避を訴える親電(電報)の伝達が遅れた問題で、終戦直後に連合国軍総司令部(GHQ)が外務省に対し、「電報が天皇陛下に渡されたならば戦争は避けることができたに違いない」との見解を示していたことが、7日公開の外交文書から明らかになった。

 文書によると、GHQの見解は、国際検察局の担当官が46年8月1日、伝達遅れの経緯を調べるため外務省職員2人を尋問した際に示された。

 問題の親電は41年12月7日正午、東京の中央電信局に入電。

 しかし、米大使館のグルー大使に配達されたのは同日午後10時半だった。

 大使から東郷茂徳外相を経由し、昭和天皇に伝達された直後に、真珠湾奇襲が始まった。

  • 質問者:筑波山のキツネ
  • 質問日時:2013-03-07 22:03:45
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

当時、アジアで台頭して来た日本を懸念し
日本を潰す為に戦争へと向かわせる様に仕向けたのはアメリカだと考えます。
勿論
その挑発にノッてしまったのは、結果として日本の分析力の弱さですが・・・・・

実際、
当時の日本と在米日本大使館との暗号文でのやりとりは
アメリカ側で殆ど傍受・解読していた様ですし
真珠湾攻撃の際も
事前に空母は隠し避難させ、他の軍艦を日本に攻撃させる事で
アメリカ国内の世論をコントロールさせています。

確か
1930年代に日米野球の為、米大リーガーが来日した時も
ベーブ・ルースやルー・ゲーリッグと共に、
キャッチャーとしてモーリス・バーグも来日し、日本でスパイ活動を行っています。
野球の試合をサボり、花束を持って入院患者の知人を見舞うフリをして聖路加病院へ行き
病院屋上から東京一円を16ミリカメラで撮影し
それを後の東京空襲に利用した事は有名です。

戦争を仕掛け、周到に準備を行いつつ、戦争回避を訴えようとした・・・・・と云う事でしょうか?

私は反米ではありませんが、
中東での彼らの行動も含め
アメリカ帝国主義のシタタカさ・ズルさを垣間見ている様で
怖さを感じます。

この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

並び替え:

自分達に非は無いみたいな感じを受けますけど

そもそも電報一通で戦争を回避できるようなものでは無いと思いますけどね。

後からでは幾らでも付け足すことが出来ますからね。

  • 回答者:匿名 (質問から6日後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

開戦時、日本からの宣戦布告文(と見なされた電報)の送達と米側からの天皇宛親電の手交が遅れた状況は、畢竟、チャーチルに使嗾されて真珠湾さえ見逃したルーズベルトと開戦へつま先だっていた日本軍部ともに、「遅れるべくして遅れた」一事態に過ぎなかった、ということ。当時の事態の進展状況をぜひ分単位でトレースされたい。

===補足===
言葉遣い、口癖につきご容赦を。

この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

畢竟(ひっきょう)・・・究極、最終。使嗾(しそう)・・・そそのかす。ですね。普通の方が分かる言葉をつかって欲しいです。

電文内容は?

それで 止められる内容なのか?

元の自民政権時に 勿論戦後 議会の時間が止まり
 法律が成立したこともあり
海外からの親書が 大臣に届かなかったこともあるし

開戦に一丸と進んでいたときに・・・

総理大臣 が、
TVで、立派は証拠と公言して イラク戦争 が、開戦したあと

何もなかった事実が判明 した、米国の開戦。

力が正義 勝利が正義。

反戦に力を注いだ人たちを 犯罪者にした事実。

いくらでもあります。

熱しやすく冷めやすい 島国根性 の、その場凌ぎの国民。

破滅に向かっているのを 忘れるためか?

過去 のことなど見るきもないでしょう。

この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

何とも言えないです。

  • 回答者:匿名希望 (質問から2時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
参考になり、満足しました。回答ありがとうございました。

12月7日正午の時点では、遅すぎると思いますね。
すでに、陸海軍が軍事作戦の行動を開始しておりましたから、せめて数日早く親電があれば戦争を回避できたかもしれません。
それに、ルーズベルトの親電については、日本軍側も傍受しておりましたが、日本のエリート官僚がその親電に対して、どのように扱って天皇に伝えるかが問題であり、ルーズベルトの親電を参謀本部の瀬島龍三(「不毛地帯」の主人公のモデルになった人物)とその部下が隠匿工作をして、中央電信局と外務省に圧力をかけて、わざと親電の配達を遅らせた疑惑があり、GHQの思惑と違い、そういうエリート官僚による妨害行為でによって、戦争回避は不可能だったかもしれません。

  • 回答者:匿名 (質問から2時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

どうでしょうね、後からならなんとでも言えますからね。

  • 回答者:匿名 (質問から49分後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る