すべてのカテゴリ » 子育て・学校 » 学校・教育 » 高校生

質問

終了

自分が学んだ英語の先生は
英米人と会話が出来ませんでした。

あなたは何を感じますか?

===補足===
わたしは、
自分事のように恥ずかしくて、悪夢を見ているようでした。

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2013-03-29 20:38:15
  • 0

回答してくれたみんなへのお礼

回答ありがとうございました。

ピアノの先生でも「お手本お願いします」と言うのが恐いです。
もし弾けなかったら私はどうすれば良いのでしょう!!
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

その先生の英語力の問題ではないと思います。
私の友人の非英語話者の外国人達は、めちゃくちゃな文法・発音・単語のまま、
気にもとめずに英語で会話しています。
お互い意味がわからず衝突したりしていますがそのまま話しています。

英米人と会話のできない英語の先生に文法や読解を習うこと自体に問題はないと思います。
そこから先、それを生かして実際に会話できるようにするのは質問者様自身の努力によって十分補うことができるからです。


私は「外国語」の名前のつく大学に通っていますが、
実際にネイティブ話者と会話できない子というのは、
たいていは学力不足ではなく、会話にガッついていく能力・意思のない人ですね…

この回答の満足度
  

英語の先生でも、完璧な人はいないということでしょうか。
生徒がしゃべれないのも、当然かもしれません。
日本人独特の性格が影響していそうです。

  • 回答者:かつ (質問から2日後)
  • 0
この回答の満足度
  

発音とか聞き取りが苦手か、受験重視のための勉強からなのでは。

  • 回答者:匿名 (質問から1日後)
  • 0
この回答の満足度
  

英語は英会話と学校で習う英語とは若干違う気がします。
なので どっちだったのかな

  • 回答者:匿名希望 (質問から19時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

私が学んだ英語の先生も、会話は出来ませんでした。
これから変わろうとしているようですが、これまでの英語教育は英会話の教育ではなかったので、いたしかたの無い事だったと思います。

  • 回答者:文法 (質問から18時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

あなたが今英語を使いこなせれば、何ら問題はない。
あなたが今英語を使う機会がないのであれば、これまた何ら問題がない。

大した問題じゃない、ってこったね。

  • 回答者:孤独 (質問から17時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

私が高校生のときの英語の先生もそうでした。
発音とか、生徒が聞いても明らかにおかしかったし。
やはり日本の英語教育は文法偏重で会話を軽視していたということなのではないでしょうか。

  • 回答者:匿名 (質問から8時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

私の英語の先生もそうでしたよ。会話能力ゼロでしたから。

文法ばかりで会話を重視していないので、何年勉強しても喋る事が出来ない人が

多いのだと思いますね。

  • 回答者:匿名 (質問から6時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

私が学んだ先生もそうでした。なのに発音についてしつこく教えていました。
英語好きだったのですが、やる気がなくなりましたね。
しゃべりたいと思っていましたから。

英語って将来しゃべれるようになるために勉強するものだと思います。
会話できない教師を採用することがおかしな事だと思います。

  • 回答者:匿名 (質問から4時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

まあ、これであなたの先生を「見限って」はいけない。まず、出来る先生を捜すのは「限りなくゼロ」に近いから。だが、それは会話能力だけのこと。「話すこと」が英語のすべてではない。あなたの先生は、例えていえば、食材の切り刻む技術はあっても美味しい料理は作れないひとだということ。あなたが学校で教わっているのは「料理を作る技術」じゃなくて食材を「切り刻む」技術だけだと割り切ること、それが日本の英語教育の現実だということ。忘れないで:「食材も切り刻めないひとの料理は決して美味しくない。」分かるかな?

この回答の満足度
  

まあ、そんなものでしょう。
日本の学校の英語教育なんか、もともと試験目的による学科でしかなく、外国人との会話による実戦なんか配慮しておりませんから。

  • 回答者:匿名 (質問から14分後)
  • 0
この回答の満足度
  

今の学校教育では当然の結果だと思います。
実戦で役に立たない英語教育には疑問で一杯です。

  • 回答者:匿名 (質問から5分後)
  • 1
この回答の満足度
  

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る