すべてのカテゴリ » アンケート

質問

終了

捕まりそうになったら贈賄というのは、どこかの国の常識でしょうか。

中国漁民、救助の比警備隊に贈賄 申し込む
2013.4.11 14:33 [中国]

 フィリピン南西部スルー海の世界遺産「ツバタハリーフ」で8日、座礁した中国漁船に乗っていた漁師12人が、救助に駆けつけたフィリピン沿岸警備隊員に2400ドル(約24万円)を手渡そうとしたことが11日、警備隊への取材で分かった。

 警備隊側は、受け取りを拒否し12人を領海侵犯などの疑いで拘束、訴追を免れようとしたとして贈賄申し込みなどの疑いでも調べている。

 沿岸警備隊によると、漁船には漁獲物はなかった。12人はいずれも福建省出身とみられ、パラワン島のプエルトプリンセサの病院に移送され、健康診断を受けている。(共同)http://sankei.jp.msn.com/world/news/130411/chn13041114340003-n1.htm

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2013-04-12 00:34:09
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

>捕まりそうになったら贈賄というのは、どこかの国の常識でしょうか。
中国では常識でしょうね。
政治から商売から結婚に至るまで社会構造がそうなってる。

でも残念ながらフィリピンも賄賂が横行する国のイメージがあります。
年二回ほど渡比する叔父がいますが、空港で賄賂を要求されるそうですよ。
日本円で24万ってあちらではもっと大金ですよね。
(中比間の)領土問題のことがなければ受け取っていたんじゃないか…と思います。

賄賂に関して。
成熟した社会では自浄作用が働いて、必ず声を上げる人がいる(=そうでないのは発展途上の未成熟な社会)というイメージを持っていたのですが、最近の中韓を見ていると「衣食住が足りてもなお成熟しない社会…しかも国としてそこそこ力を持ってしまうということがあるのだなぁ」と空恐ろしく思っています。

ロシアなんかも構造的には似たようなもんですけど、亡命したジャーナリストや科学者は自国批判するのに対して、中韓の人って身内びいきが骨の髄まで染み付いているのか国外にいる人も徹底した反日キャンペーンやったりするんで…
(すみません長くなりました)

  • 回答者:とくめい (質問から21時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

並び替え:

あの国はどこかほかの国と違いますからそのようなことがあっても不思議ではないのですね。

  • 回答者:匿名 (質問から7日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

常識、当たり前の行為なのです。そういう社会システムなのです。
幹部から庶民までです。
国際ルールは当てはまりません。

  • 回答者:匿名 (質問から2日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

あの国では常識なのでしょうけど

他国では通用しませんでしたね。恥ずかしい限りです。失笑されたかもしれませんね。

  • 回答者:匿名 (質問から1日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

さすが品がないわな
あ、しなだ。

  • 回答者:匿名 (質問から16時間後)
  • 2
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

発展途上国の官憲は、そんなものなのでしょう。
北朝鮮の近海でも、漁業をしているシナ漁船は、北朝鮮の警備隊に賄賂や物品を渡して漁業をしているそうですから、金や物次第で態度を変えるのでしょう。
そういう国の官憲は、腐っているうえに始末が悪いですね。

  • 回答者:匿名 (質問から10時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

やっぱり中国のイメージがあります

  • 回答者:sooda (質問から9時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る