すべてのカテゴリ » 仕事・キャリア » 就職・転職

質問

終了

私は将来海外に住みたいです。
日本に住んでいると、なんだか息苦しいと思うことが多々あります。なので、海外に出てもっと広い世界を感じ、様々な文化に触れたいと最近強く思うようになりました。
もちろん、そのための努力はします。
しかし、海外で働くのにどんな職業があるのかいまいちわからないです。
私が考えている職業は、
・インテリア関係
・雑貨デザイン関係
・税理士
・旅行関係    などです。

貧乏生活も覚悟です。
何か知識がある方がいれば、夢への道筋を教えてください!
なお、考えているのは英語圏かヨーロッパ圏です!

  • 質問者:yumeko
  • 質問日時:2013-04-17 18:01:17
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

回答になっていないかもしれませんが
日本にいる間に日本語と日本の文化を沢山勉強してください。

海外に行った時に役に立ちますよ。

  • 回答者:もちろん英語もね (質問から7日後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

質問者さんが30歳以下でしたら、ワーキングホリデー制度を使ってその国の実際の雇用状況を見てくるといいと思います。以下の国が日本人のワーキングホリデーを受け入れています。

オーストラリア/ニュージーランド/カナダ/フランス/ドイツ/イギリス/アイルランド(25歳まで)/デンマーク

詳しくは、日本ワーキング・ホリデー協会HP:http://www.jawhm.or.jp/

質問者さんが30歳を超えている場合は、就労ビザによる渡航か永住権狙いになり、移住のハードルが高くなります。まずは下記サイトなどで情報集めをおすすめします。

海外移住情報サイト:
http://www.interq.or.jp/tokyo/ystation/allamerica.html

ちなみに、カナダやオーストラリアは永住権が比較的取得されやすい国ですが、永住権の取れる職業は制限されています。
カナダの例:
http://www30.hrsdc.gc.ca/NOC/English/NOC/2006/Concordance.aspx
オーストラリアの例:
http://www.immi.gov.au/skilled/_pdf/sol-schedule1.pdf

オーストラリアの永住権取得に失敗し、カナダの永住権を取得した妹は「職業では日本料理のシェフがどの国でも強い」と言っていました。

  • 回答者:とくめいきぼう (質問から4日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

まずは行ってみることでしょう。
いろんなことがわかると思いますよ。

  • 回答者:匿名 (質問から1日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

まずは海外の大学で勉強してみては如何でしょうか?
海外での就職は簡単ではないことが認識できるでしょうし、日本の良さが分かると思いますので。
それから、行きたい国のビザ情報をチェックしてみて下さい。

  • 回答者:かなみ (質問から6時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
参考になり、満足しました。回答ありがとうございました。

今ヨーロッパでは上の仕事での外国人雇用は
厳しいです 各国日本人学校の職員が堅いですね

  • 回答者:匿名 (質問から4時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
参考になり、満足しました。回答ありがとうございました。

ハンドル名から女性のかたかなと思うので、その前提でひとこと。大きく二点あります。まずは言葉のこと、その延長上にその言葉が生きている社会の流れにのること、これがひとつ。もうひとつは、硬く言えば国家観、息苦しいと後にした日本を見る目がどう変わるか、これがあなたの今後の人生観の醸成におおきく関わってくると思う。

まず、言葉のこと。常識的には英語でしょうが、これにほどほど長けていないといけない。というか、長けねばならない。そのために実地に「よき英語」を身につけながら生活できるような環境を考えること。よき英語とは持って回った言い方だが、品のいい英語と言い換えてもいい。仕事のなかに、それを鍛えるすべを取り込むことがまず第一に考えるべきポイントだと思う。端的に品のいい英語を期待されている環境のひとつはホテル、もちろん品格のある国際的雰囲気の豊かなホテルの接客系の現場が理想的だろう。客は千差万別ながら、こちら側は常に背筋をのばして上品な応対をしなければならない。こんな環境に、仮に持ち出しでもいいから自分をおいて他人との、それも国際的ば場面で見知らぬひとびとを「あしらっていく」経験は貴重だと思う。あなたのあげておられる旅行関係の延長上にそんな機会が産まれるかも知れない。

国家観のこと、息苦しさの故に日本を出たいというあなたに、ぜひ悟ってもらいたいことがある。日本は小さい、狭苦しい、閉塞感が目一杯だ。たしかに。海外へ出てみるテレビ、読む新聞雑誌、町の話題.....。日本のニュースのなんと少ないことか。一年、二年と過ごすうちに、うっかりすると話題的には「日本を忘れる」事態がおこる。それをせいせいすると思うか、おや、私の国はなんだ、そうなっているんだ、長く海外にいればいるほど、思い出してみればあれこれ気になる....という状況がきっとくる。そのときなにをしているにせよ、自分を母国日本とどう結びつけるか、これがあなたの一生にきっと意味を持ってくる。世界というおおきな鏡に映るあなたと日本の「ツーショット」だ。究極的には自分探しの原点だ。

お尋ねの意味には沿わないかも知れないが、あなたの書きこみを読んで衝動的に浮かんだ思いを連ねました。

この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

海外で日本語教師はどうでしょう

  • 回答者:sooda (質問から12分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る